2018年3月

レッスン

楽器が思うように演奏できない=才能や努力不足ではなく、仕組みの理解が足りないだけかもしれない

金管楽器は、ハイトーンが出ることがひとつのステータスになっている環境がいくつもあるように感じます。 それによってハイトーンを得意とする人が「私はハイトーン得意!」と自信になるだけなら良いのですが、ハイトーンが苦手な人はど…