どうもごんざです。

あなたはアレクサンダー・テクニークという言葉を聞いた事はありますか?

アレクサンダーテクニークは100年以上の歴史を持つ、身体の自然な動きを学ぶメソッドです。

日本では最近少しずつ知られるようになってきましたが、海外の教育機関では既にアレクサンダーテクニークは積極的に取り入れられています。

  • ジュリアード音楽院
  • ワシントン大学
  • 英国王立演劇アカデミー
  • ロンドン王立音楽演劇学院

などなど。

 

最近噂の、「アレクサンダーテクニーク」とはどんなものなのか?!

 

「気になるけどよくわかんない」なあなたに向けてお話しします。

Alexander Technique(アレクサンダー・テクニーク)

日本アレクサンダー・テクニーク協会のHPにはこう書かれています。

アレクサンダー・テクニークは, 心身の不必要な緊張に気づき, これをやめていくことを学習します。その手がかりとして頭・首・胴体の関係が重要であることが F.M.アレクサンダーの発見でした。

出展:日本アレクサンダー・テクニーク協会

フレデリック・マサイアス・アレクサンダー(1869−1955)というオーストラリアの俳優からすべては始まりました。

アレクサンダーは俳優としてキャリアをスタートします。
しばらくすると、舞台上で声がかすれたり出なくなるようになってしまいました。
医者に行っても医学的に異常は見つからず「休息が必要です」と言われるばかり。

いくら休息してもよくならないので、彼は「自分で解決するしかない」と原因の究明に乗り出し、鏡の前で自分自身を観察し始めました。
その観察で得たものがアレクサンダーテクニークの始まりです。

長い間彼が観察して発見したこと。

それは、セリフを言うときにあえぐように息を吸うことで、頭を後ろと下に引っ張っていることに気が付いたんです。

気付いたアレクサンダーを頭を後ろに引っ張ることをやめてみると、喉が下がらず息もしやすいことに気づきます。
これが彼の発見した身体の使い方の始まりです。

彼が発見したことは、

頭の動きが身体全体の動きに影響する

ということです。
これだけ聞くとまだ、「なんのこっちゃいな」ですよね。

 

でも、こんな覚えはありませんか?

 

冷たい風が吹いたとき思わず首を縮めてしまい、その後あたたかい場所に行くと、体の緊張が解け「はあ〜、寒かった〜」って息がすっと吐けて体が楽になったこと。

これは頭と脊椎を寒さから固めてしまって息が吸いにくくなっていて、暖かいところに行ったらゆるんだために息が吸えるようになったってことなんです。

こんな風に誰もが知らず知らずのうちに、頭と脊椎を固めるというクセを持っていて、それが様々な問題につながっているんです。

 

日常生活のあらゆるところ、演奏する上でのあらゆる場面で、人それぞれ何かしら身体の使い方のクセを持っています。
でもそれが、頭と脊椎が関係していたなんて考えたことはありましたか?少なくともぼくはアレクサンダー・テクニークに出会うまで一度も考えたことありませんでした。

身体の使い方は誰も教えてくれない

なぜなら考えなくても身体は動くし使えるからです。
だから人は身体の痛みを仕事であるとか、動きのせいにします。

演奏家は座り仕事が多いから、腰が悪い。
肘が痛いのはドラマーの職業病。
木管楽器は音符が細かいから指をたくさん使うこともあって腕が腱鞘炎になりやすい。

草むしりをすると腰を痛めやすい。
重い荷物を持つ仕事は腰を痛めやすい。

これは動きのせいではないんです。
確かに通常より局所的に使う機会が多い分、疲れやすいし、痛みやすいかもしれません。

でも、身体の仕組みにそった自然な身体の使い方を学べば、誰でも身体を痛めることはぐっと減ります。

 

 

自然な身体の使い方をするには、頭と背椎の関係がとても重要だとアレクサンダーテクニークでは、考えられています。

アレクサンダーテクニークでは、動き中で無意識に行っている身体の動きを観察し、本来の動かし方、起きてほしいことを意識的に考えながら身体を使います。

そうすることでいつもの動きではなく、自然な身体の使い方で無理なく動けるようになるんです。

 

ただ、魔法ではないので何でもかんでもアレクサンダーテクニークを使って「楽ちんヒャッホーウ!」にはなりません。

身体の動きを学ぶことは演奏にも直結する

アレクサンダーテクニークは演奏にも直結します。

楽器を演奏することは身体が基本。
当然身体の状態、使い方次第で演奏は変わります。

 

それなのに楽器を演奏していて、そのとき体に何が起きているか?であったり、身体の使い方が演奏にどういった影響を及ぼしているか?ということってあまり考えられてきませんでした。

そこをアレクサンダーテクニークは、解剖学や医学的なことも学び、体の構造に沿った使い方、考え方で体を使うことを意識するので「事実に沿った」体の使い方をわかりやすく伝えることができます。

まとめ

アレクサンダーテクニーク、なんとなくわかりましたか?

なんとなくでも「そんなものなのかあ」って思ってくれたら嬉しいです。

頭と身体の関係を見ながら、ひとりひとりが持っているクセを見分けて、自然な身体の使い方を学ぶ方法。

それが「アレクサンダー・テクニーク」

 

 

入門としてこの本がとてもわかりやすいのでおすすめです。

それではまた。

 






頭と背椎

シェアしてくれるとよろこびます!

      \Twitterでフォロー!/
      

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ごんざ ゆういち

    国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。