CATEGORY アレクサンダー・テクニーク

身体の使い方

昔演奏した曲を改めて演奏して感じた以前の吹き方から、マウスピースの押し付けをタブー視する理由が見えた

どうもごんざです。 レッスンに来てくださる金管奏者の方に「もう少しマウスピースを密着させてみましょうか」と提案することが結構あります。 適切な密着がないとそれだけタンギングが不鮮明になったり、バテやすくなったり、いろいろ…

roadアレクサンダー・テクニーク

アレクサンダー・テクニークとの出会いは人生が変わるきっかけをくれたけど、アレクサンダー・テクニークが人生を変えてくれるわけではない

どうもごんざです。 アレクサンダー・テクニークを学び始めてだいぶ考え方が変わりました。もともと、アレクサンダー・テクニークは脱力がどうとか高い音が出やすくなるだとか、そういったものではありません。 結果として楽器演奏にい…

アレクサンダー・テクニーク

音の出だし(アタック)が苦手なあなたへ。「ここから吹く!」を決めて吹こう

どうもごんざです。 音の出だしが苦手なあなた!とか書いてますが、これは何を隠そうごんざのことです。 「音の出だしもっとハッキリ!」 「音の輪郭がなあ」 「もっと強く舌ついて!」 「タメがないよ!」 もう、音の出だしについ…

アレクサンダー・テクニーク

「不安」を感じることは悪いことでもなんでもなくて、むしろ自分に足りないものを教えてくれる大切な存在だった

どうもごんざです。 アレクサンダーテクニークの授業でたくさん刺激を受けたのでシェアします。 アレクサンダー・テクニークの授業受けてきました。海外教師枠のジェレミーほんとすごい。なんでも見透かされてるような。。未知の世界す…

アレクサンダー・テクニーク

自分がどれだけのエネルギーが必要で楽器を吹いているか、あなたは知っていますか?

どうもごんざです。 今日は効率良い「p」の吹き方についてです。 「p」と譜面に書いてあるのを見るとぼくはちょっと身構えちゃいます。 そんなとき、とっても助けになる方法を教わったので紹介します。 音が鳴らないくらいの息量か…

川の流れアレクサンダー・テクニーク

舌の使い方で息の流れと効率が変わりタンギングが驚くほどクリアになるために必要だった2つのこと

どうも、ごんざです。 以前からタンギングについてブツブツ言ってきましたが、アレクサンダーテクニークの時間にフルート奏者の嶋村順子さんにタンギングについて見てもらい、新しい引き出しが増えたのでシェアします。 舌の使い方で息…

アレクサンダー・テクニーク

プロ演奏家のレッスンと、アレクサンダーテクニークが含まれるレッスンは競合しない

どうも、ごんざです。 すこしずつレッスンに来てくださる方が増えています。 ありがたいことです。 ホルンだけでなく、チューバ、トランペットの方からも連絡いただいております。 プロオケに入っている方のレッスンを受けてる方もき…