CATEGORY 吹奏楽

吹奏楽

吹奏楽部でのばしの音ばかり担当していて暇を持て余しているそこの君!白玉の音符の楽しさを知ろう!

どうもごんざです。 レッスンに行っている学校での出来事。 高校生とレッスンしていて。低音楽器の子たちに「曲中ののばしの音つまらないと思ってるでしょ?」と聞いたら食い気味にうなずいてたけど、のばしの音がどれだけ大切で楽しい…

吹奏楽

金管楽器奏者で「太い音を出したい」と思っているあなたは今すぐ「太い音」を「響きのある音」にアップデートせよ

どうもごんざです。 しばしば吹奏楽部で話題に上る「太い音」について、新たなことがわかったのでこの記事を書いています。 先生が「太い音で吹いて!」というアドバイスを生徒側が(どうやったら太い音で吹けるんだろう)と考えて口の…

brass吹奏楽

規模の大きな部活にもアレクサンダー・テクニークの要素が必要とされる時代はすぐそこに来ている

どうもごんざです。 今年に入ってから、立て続けに規模の大きな学校の顧問の先生からご連絡をいただく機会がありました。 一番縁遠いと思っていた強豪校の先生から連絡をいただく。最初は自分に何ができるかさっぱり思い浮かばなかった…

吹奏楽

一人で練習していると平気なのに、合奏になるとすぐバテちゃうのは「聴いている部分」が変わるから

どうもごんざです。 はい、これ自分のことです。 いつまでたっても癖が抜けないんですよ。 ぼくの場合は、吹奏楽の本番で毎回調子悪くなるんです。それがなんでか最近やっと原因がわかりました。 何もかもが遅すぎてうんざりするけど…

吹奏楽

吹奏楽部に伝わる「よくわからないけど代々受け継がれている伝統の練習法」を効果的な練習にするために

どうもごんざです。 友人のトランペッターがこんなことをつぶやいていました。 部活に引き継がれている「よくわからない基礎練」はただこなすだけだと疲れるだけ。 「なんのための練習なのか」を自分達で改めてしっかり考えて、 必要…

winner吹奏楽

3万人以上を見てきたコンクール運営係のプロが語る!吹奏楽コンクール当日に把握していてほしい16の手順

どうも、自称「吹奏楽コンクールプロ楽器置き場係」のごんざです。 最初はアルバイトではじめた会場係。今でも趣味で毎年続けています。少なくとも7年。 毎年会場で顔を会わせる人や「ごんざに会えると金賞」って言ってくれる人もいま…