曲中で跳躍が出てきたときは3つの方法で乗り切る!

ジャンプ!


どうも、ごんざ(@Gonza_19)です。

いつも髪を切ってもらってる美容師さんに「髪の毛の伸び具合が人じゃない」と言われ困惑しています。

髪の毛できっちゃったらどうしよう。

 

今日はLINE@でもらった質問に答える形で記事を書きます。

 

楽譜に跳躍が出てきたら!

 

音をイメージして!

声に出して歌ってみる!

音ごとの口の状態を確認する!

 

それではいってみよー

跳躍する先の音をまずは確認する

実際の譜面を元に見てみよう。

跳躍

39小節目、ぼくが吹くときもちょっと「お」って思うかも。

前の音から1オクターブくらい離れてるので、そのまま吹いちゃうと鳴りにくくて吹きづらいね。

 

まずはEsの音だけ吹いてみよう。

 

吹いてるの口の感じを覚えてね。Dの口の状態のまま吹いてもうまく鳴らないよ。

 

Esの音を吹くときは、その前のDの音より息を多く入れた方が吹きやすい。

 

①身体で覚える。

 

音をイメージする

この譜面の38小節目から歌ってみよう。

きちんと音程が取れているかな?
チューナーで確認してもいいね。

声で音程が取れるようになると、頭の中でも音のイメージができるようになる。

 

速いパッセージを吹くときにも有効。

 

②声に出して歌う。

 

いよいよ楽譜通り吹いてみよう

まずはゆっくりから。

Dをゆっくり吹いてからEsに移行する。

どう?

最初よりスムーズになった?

 

DとEsでは、吹くときの口の中の大きさ、息のスピード、アパチュアの大きさが違う。

違っていい。

むしろ一緒じゃ吹けない。

必ず変わる。

 

同じ口の状態で下のEsを吹くから鳴らないんだよ。

 

③音域によって口の状態が変わるのは普通のこと。

 

まとめ

跳躍する先の音を吹いて確認する。

声に出して歌う。

音域によって口の状態は違うもの。同じ口で吹けるわけない。

 

こんな感じ。跳躍した先の音がしっかり鳴るかどうか吹いてみてから、楽譜通り吹く。

いきなり吹いてみてうまくできなくても気にしない。

ゆっくり練習して鳴る状態が確認できれば、誰でもできる。

 

いかがでしたか?

このようにLINE@でメッセージをくれれば記事にしてお答えします^^

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

 

Twitterで更新情報とかいろいろつぶやきます。フォローミー!

友達追加お気軽にどうぞ!

友だち追加

レッスンに興味のある方はこちらからどうぞ!
心と体が軽くなるレッスンを心がけています。






ジャンプ!

シェアしてくれるとよろこびます!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。