どうもごんざです。
なんともなしにスマホをいじっていると、自分の考えていることがまさに言葉になっていてハッとすることがあります。

今回は武井壮さんのツイートがまさにそれでした。

このツイートにぼくがレッスンで伝えたいと思っていることが凝縮されていました。武井さんほんとすごい。

楽器の演奏でも、仕組みを伝える必要もあるしやり方もある

例えば、ホルンだとハイトーンで悩む人が多いです。

そこで、「高い音ってどうやって出してる?」と悩んでいる方に聞いても、「勢いで」とか「息のスピードはやくして」とか「え、考えたことないです」って答える人が圧倒的に多いです。

 

感覚でできちゃう人はいいのですが、こう演奏している人も多いので、レッスンする側は仕組みについて説明する必要がある場合も多いです。

生徒が高い音を出そうとするとき何をしていて、何を考えて吹いているか。それを汲み取って現状何が足りないのかを伝えています。

レッスンしていて思うのは、楽器を吹く人に対して何が本当に必要なのかがこの情報過多な世の中でも、現状実はまったく足りていないということです。

観察力・模倣力を持ち合わせた人だけが優位に立つ現状はさみしい

「レッスンで先生にいい音を聴かせてもらうのが何より大切!」とよく聞きます。確かにそういう一面もあります。

ぼくもレッスンで素敵な音を聴かせてもらって先生のあまりのうまさにニヤニヤしたこと、何度もあります。

でもそれだけで上手くなるわけではありません。いい音聴くだけで上手くなる人って、観察力や模倣力がもともと備わっていて、それを使ってマネしてうまくなっているんです。でもそういう人ばかりではありません。

「高い音をこういう仕組みでだすもので、現状こうなっているのでこうしてみましょう」と伝えてできるようになる人もたくさんいます。

おわりに

楽器の吹き方を感覚でつかめる人はいいのですがそうじゃない人もたくさんいます。ぼくがそうです。楽器を演奏する上でひつような部分ほぼすべてつまづいてきました。

だからこそ、公式とまでは言えませんが、仕組みややり方をお伝えすることって大切だと思うんです。そこを武井さんがまさに言葉にしてくれって「わお!すご!」と思ったので書きました。

思ってることをもっともっと言葉にしたいものです。

 

 

 

それではまた!

シェアしてくれると喜びます!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。