どうもごんざです。

最近人と話すことで(あ、自分てこんなこと考えてたんだ)(改めて考えてみるといろいろ悩んでたなあ)って思うことが多い。

先日、フリーライターのマツオカミキさんとお会いしたときもその瞬間がありました。とても聞き上手な方だったのでスラスラ話してしまったということもあるのかな。

違う分野の人と話すおもしろさ

巷でキラキラしてると評判のマツオカミキさん。以前からTwitterでフォローさせていただいていて、ブログも読んでいたのですが、もうなんか共感する部分が多くて。いつかお会いしたいと思っていたのですがそれが先日叶いました。

ー当日ー

待ち合わせ場所で会う人を、自分が相手より先に見かけた後ってどう会いに行きますか?ぼくは正面から行くのって苦手で、結局すっと横に立ってしまうことが多いんですよね^^; その日もスッと横に立っちゃいました。

マツオカさん
うわ!びっくりした。こんにちは!私、ごんざさんのこと絶対見つけられるって思ってたんですよ!
ごんざ
ザクッ、20のダメージ(なんだろう。顔が大きいってことかな・・)はじめまして!いきなり忍び寄ってすみませんでした!

ーーー

マツオカさんは話を聞くのもうまいし、自分が話すときもスッと一瞬考えて言葉を選んでから話すあたり、とても頭の回転が早いし言葉選びもうまい方でした。

いろいろと話していく中で、

ごんざさんは雑記ブログではなくて結構テーマを絞ってブログを書いていると思うんですけど、専門記事を書くときって何か気をつけていることはありますか?

と聞かれ、

専門的な記事を真っ向から書いても、それはもう他の人がやっているし、出自がどうとか調べるのも言われるのも面倒なので、書くときはいつも自分の体験ベースで話すことと、自己完結させることに気をつけています。

と自分で話すことで、より自分の思いを自分で知れるのが自分の気持ちを話すことのおもしろさだと最近感じています。

伝えたいことがうまく言葉にできず、言いよどんでいると、

ちゃんと言葉にしてください^^

と笑顔で圧迫されたりして、震えながら話したりもしました。震えながらはウソです。

お互いの仕事の話もたくさんしました。

音楽家って優雅に生活してティーを飲んでるイメージがあるんですけど実際どうなんですか?
って話も出て、
(なるほど、それが世間のイメージ!)
なんて思いながら「実際はこんな感じなんですよー」なんて話していると、

なるほど、普通の会社と一緒な感じなんですね!
と言われ、「あ、普通の会社と一緒なんだ」と思ったり。違う分野の人と話すのめっちゃおもしろい!

ぼくの方からも、

どんな基準で仕事を選んで記事書いてるんですか?
とか

ライターさんの仕事ってどういう風に依頼がくるんですか?

などなど、もっといろいろ聞きたい放題聞いた気がしますが、全部丁寧に答えてくださるあたり、さすがでした。

ぼくはブログに自分の書きたいことだけしか書いていないので「仕事で記事を書くということ」はどういうことなのか、そのあたりも聞けてすごく勉強になりました。

他にもぶっちゃけたお金の話やメンタルブロックな話、発信で気をつけていること、「うわー、わかるー」と何度言ったかわかりません。

違う分野で生きているからこそ、普段話せないようなこともスッと話せたのかな。それとも話術にはまってたのか・・。

一歩下がったところで常に冷静に考え、話してるマツオカさんが印象的でした。

おわりに

お互い知らない世界の話だからこそ、疑問に思ったことをスパッと聞けて、タメになる話も業界裏話的な話もできたように思います。「ライターの世界でお待ちしてます」って言ってくれたのもうれしかった。その道のプロの方に言ってもらえると勇気と生きる気力が湧きます。その第一歩でもないですが、ランサーズで認定ランサーになりました。いえい。

あっという間の2時間でした。
マツオカさんはクールビューティででもとっても人間味があって共感できるところも多く、素敵な方でした。そして写真より実物はさらにかわいかった!
ぜひまたお会いしましょー!

 

 

それではまたー!

「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。