楽器に息はそんなにはいらない「管の長さを意識して楽器吹いて」の罠。


どうもごんざです。

 

今まで散々「ホルンの長さ知ってる?管の長さを意識して遠くまで息を入れよう!」って言ってきたんだけど、長さを意識しすぎるのはあんまよくないかも。

授業で人のレッスンを見学していたときに「楽器に息なんて大して入らないんだよ」と聞いて「ハッ」としたのが始まり。

 

それを楽器を吹いていると、音がスルスル出ること出ること!

ヒャッホーウウヘエエエエエエエイ!

 

すみません、取り乱しました。

思えばいつも「楽器に息を入れろ」だった

息吹きかける

楽器を始めたばかりの頃。

息をいつもより吐いて音を出すことが「はじめまして」だったとき。そんなときには確かに「楽器にたくさん息を入れる!」は必要だった。

でもそれは今の自分にはもう必要ないかもしれない。

当時のイメージだけが残ってしまっているのかも。

そんなときはこう声をかけてみよう。

 

「息はそんなに楽器に入れようとしなくて大丈夫」

 

楽器の息の入り口は小さい、だから息はそんなに入らない

覗く

楽器の息の入り口。ちっちゃくて細いよね。

こんな小さなところにたくさん吸った息を「入れるぞー!」って吐いても入るわけない。むしろ無理に入れようとすることでどこかに負担がかかっていてもおかしくない。

 

実際ぼく自身がずっと知らず知らずのうちにそれで調子を崩していました。

息を入れようとしすぎて調子を崩していた

中高と吹奏楽部でホルンを吹いてきた自分にとって、ホルンという楽器はいつも「聞こえない」楽器だった。

 

「聞こえない!」「もっと吹いて!」

 

当時、もっと息を入れなきゃ、もっと大きい音を出さなきゃ、っていつも思ってた。

そうやって出した音は汚いし、音も散ってしまって逆効果なのに。

 

それより周りと音を合わせたりアタックをそろえたり、息のスピードをそろえたり。そういうことに気をつける方がよっぽど現実的。

 

 

楽器に息はそんなに入らない。口から出てる、くらいでいい。

そう思って楽器を吹いたらさっきまでの調子の悪さが嘘のようにスムーズに音が出た。

 

当時のそのクセが未だに自分の中に残っていることを今更になって知った。

 

気付いたということは違う方法を知ったということ。

 

これからはどれだけ体の構造に沿ったブレスをして質のいい息で音を鳴らすかを考えよう。

また楽器を吹くのが楽しみになった!

まとめ

自分でも信じて生徒に教えていた「息をもっと入れよう」が思わぬ悪影響をもたらしてた。

過去の物をまだまだ持っているんだなあと再確認する機会になりました。

息はそんなに楽器に入らない。

口から出てる、くらいでOK。

また一歩前に進めそうです!

 

 

 

それではまたー!






シェアしてくれるとよろこびます!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。