どうもごんざです。

よく「自分にしかできないことを見つけよう!」って言いますよね。

自分探しだとかブランディングがどうとか、みんな自分探しに躍起になってる気がするんですけど、それでその後本当の自分や自分にしかできないこと、見つかりましたか?

恐らく、どちらも見つかっていないでしょう。

自分にしかできないことって見つけるものじゃなくて、見つかるものです。むしろ既に手の届くところにあるかもしれません。

でもそれを、なかなか選べない。

周りの目が気になったり、それを選んだらどうなるか不安だったり、自信がないから。

知ってるけど選べていない

ぼくもできることを丁寧に深く。権左勇一は個人レッスンに特化しますで書いた通り、ようやく選びました。

ほんとはずっと思ってたけど選べなくて。選んでからもいろんな気持ちは変わりません。不安だし自信があるわけではないし周りの目も気になります。

でも、それでも「これをやりたい」という気持ちがある。これってでかいです。

それに、風の谷のナウシカで巨神兵がナウシカに名前を与えられて一段階進化したように、決断することで自分の中で何かは変わりました。(漫画版風の谷のナウシカを読んだことがない人は今すぐ読みましょう。素晴らしい7冊です。)

話が逸れましたが、自分にしかできないことって本当は何か気付いてませんか?知ってませんか?

そこに一番近いのは「自分が本当にやりたいこと」だと思います。

最初は小さな決断から

大きな決断でなくても、例えば周りの目を気にせず自分の着たい服を着たり、自分のやりたいことをやることで、本当に自分がやりたいことに気づき、選べるようになり、自分にしかできないことにも近づくかもしれません。

みんなが着てる服だから着たり、流行ってるお店にご飯を食べに行ったり。そういうのぼくもありますから分かりますけど、自分で軸を持って選べるようになると少し変わりますよ。

おわりに

これまで散々やりたくないこともやりたいこともやってきて、ようやく「自分の本当にやりたいこと」を選べて、その結果それが「自分にしかできないこと」かなあと思うことができたので、忘れないうちに書き残しました。

誰にでもできることも、自分で選べば自分にしかできないことになる。

それに加えて、自分の本当にやりたいことこそ、自分にしかできないことかもしれません。

 

やりたいこと、やりませんか?

 

 

それではまた。

「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。