どうもごんざです。

ぼくは結構根はネガティブなので自分の欠点ばかりに目がいって、胸を張って「これが私の長所です!」とはなかなか言えません。

コーチングを受けたり、人から言ってもらったりして少しずつ最近は長所らしきものを見えてきていますがまだまだ。

ということで、客観的に知りたいと思いこちらの本を購入しました。

トム・ラス 日本経済新聞出版社 2017-04-13
売り上げランキング : 51

by ヨメレバ

 

この本は38万部を超えている、ベストセラーになっている本で、一冊につき一人分だけ使える「ストレングス・ファインダー」という診断サービスの利用コードが付属しています。

そのコードを使ってWebにアクセスして177の質問に答えることで、34パターンに分類された「資質」の中から、その人の持っている「資質」をズバッと教えてくれます。だいたいじっくり答えて30分くらいかかります。

ストレングスファインダー 34の資質:
アレンジ 運命思考 回復志向、学習欲 活発性 共感性 競争性 規律性 原点思考 公平性 個別化 コミュニケーション 最上志向 自我 自己確信 社交性 収集心 指令性 慎重さ 信念 親密性 成長促進 責任感 戦略性 達成欲 着想 調和性 適応性 内省 分析思考 包含 ポジティブ 未来志向 目標志向

この診断でなんとなく感じてはいたものの、なかなか言葉にできない自分のことをはっきりと知ることになりました。ぼくが診断したところ、34の資質のうちもっとも強く出たのは「戦略性」でした。

戦略性

〈戦略性〉という資質によって、あなたはいろいろなものが乱雑になるなかから、最終目的にあった最善の道筋を発見することができます。これは、学ぶことで得られるスキルではありません。

特異な考え方であり、物事に対する特殊な見方です。他の人には複雑としか見えないときでも、あなたにはこの資質によってパターンが見えます。

これらを意識して、あなたはあらゆる選択肢のシナリオの最後まで想像し、常に「こうなったらどうなる?では、こうなったらどうなる?」と自問します。このような繰り返しによって、先を読むことができるのです。そしてあなたは、起こりうる障害の危険性を正確に予測することができます。

それぞれの道筋の先にある状況がわかることで、あなたは道筋を選びはじめます。行き止まりの道をあなたは切り捨てます。まともに抵抗を受ける道を排除します。混乱に巻き込まれる道を排除します。

選ばれた道ーーーすなわちあなたの戦略にたどり着くまで、あなたは選択と切り捨てを繰り返します。そして、この戦略を武器として先へ進みます。

これが、あなたの〈戦略性〉という資質の役割です。

他には「共感性」「最上志向」「着想」「回復志向」と出ました。

特に「共感性」に関しては当たりすぎててびっくりしたので、引き続き少しだけ紹介します。

あなたは周囲の人の感情を察することができます。彼らが感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるかのように感じることができます。

これこれこれ!って感じです。いい時もあるんですが、最近は悪いときの方が多いですね。

気持ちを察しすぎてしまってやりたいことができなくなってしまったり、声をかけづらくなってしまったり。。と思って読んでいるとこんなことまで書いてありました。

他の人たちに感情移入しすぎて押しつぶされてしまうこともあるかもしれません。

ええ。まったくその通りで。

きっとだからグループレッスン苦手なんだろうな・・。

どれも興味深く、思い当たることばかり。

おわりに

1800円ちょっとするので高いですが、買ってよかったです。自分の持つ資質を知るだけで道しるべにもなります。

できないことをできるようにするよりも、自分のことを知り、長所を伸ばしていく方が圧倒的に伸びると思いますしね。

トム・ラス 日本経済新聞出版社 2017-04-13
売り上げランキング : 51

by ヨメレバ

 

「たけえよ買うかよ!」って人には転職サイトのリクナビNEXTにあるグットポイント診断てやつがおすすめです。

登録は必要ですが自分の強みを無料でかなり詳しく知ることができます。

興味のある方はぜひやってみてください。詳しくが以前こちらの記事に書きましたので、この記事の下部をご覧ください。→フリーランスの音楽家として、自分の強みを手軽に知って生きていこう

 

 

 

それではまた!

「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。