どうも、ごんざです。

すこしずつレッスンに来てくださる方が増えています。
ありがたいことです。
ホルンだけでなく、チューバ、トランペットの方からも連絡いただいております。

プロオケに入っている方のレッスンを受けてる方もきてくださって、最初はビビっていたんですが最近は整理がつきました。

 

伝えることの種類が違うんです。

プロオケに入っている方々は第一線で活躍して、一流の音楽の中にいます。
一流の音楽を伝えることに関して間違いなくプロフェッショナルです。

でも生徒が一流の音楽をいきなりレッスンで教わり、実践するのは難しいんです。

一流の音楽を表現するだけの土台が誰にでもあるとは限らないからです。

 

自然に楽器が吹けて、自分のやりたいことがあってその上で音楽を教わりに行く。音楽の様式、吹き方、時代背景、音色、それらを習うためにプロオケの音楽家のもとへレッスンに通うのはとてもおすすめです。

でも、ぼくも含めて多くの人が「自然に楽器が吹けて」で立ち止まります。 
やればやるほど「自然に楽器が吹けて」がどれだけ大変なことか感じるようになります。

 

プロオケに所属している方々はそこを「自分の力で」クリアしている方が非常に多いんです。
そこは誰にも教わらなくても自分でできてしまうんです。

だから、「自然に楽器が吹けて」を越えられない人を観ることが難しい。
自分がやってきたことだけを教える。
それはそうです。何も間違ってない。

だけど、そのやり方にはまらなかった人はそこで立ち止まったままになってしまう。
そうして音楽を辞めていく人を何人も見てきました。

アレクサンダーテクニークが含まれるレッスンとは

その人の身体の使い方を観て、その人に合った奏法、身体の使い方、楽器の扱いをレッスンでは提案します。

今まで苦しんで悩んでいたことがスルッとできることもたくさんあります。
そうして「自然に楽器が吹けて」に近づいて演奏がスムーズにいき始めると、音楽を伝えることもスムーズになる。

 

プロの演奏家とアレクサンダーテクニークのレッスンは競合するどころか、協力すればめちゃめちゃ強力な組み合わせになります。

一流の音楽家にレッスンを受ける人と、一流の音楽家の間に「身体の使い方から考える」アレクサンダーテクニークが含まれるレッスンが入る。

 

レッスンを受ける側が「自然に楽器が吹けて」をクリアできていなくても大丈夫。

ツラく苦しい練習ばかりじゃなく上達できる道があることをアレクサンダーテクニークが含まれるレッスンで知ることができる。

 

これってみんな幸せになりますよね?

 

そんなところにフィットするような存在になりたいのです。

そこにフィットする存在になるにはもっと経験を積んで腕を磨く。自分のレベルを上げていくことがすべてに影響していくんじゃないか、自分のレベルを上げていくことでしか道は拓けないないんじゃないか。そんなことを考えていました。

はっきりと自分のやりたいこと、できること、足りないことが見え始めています。たのしい。

 

 

それではまた。

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です