演奏する前からの(できなかったらどうしよう)は自分で自分に呪いをかけているのと一緒


どうもごんざです。

経験が増せば増すほど、自分で自分に後ろ向きな言葉ってかけやすい。
それ自体は自然なことだと思います。

うまくいった経験もあればうまくいかなかった経験もある。
(あとのときみたいになったらどうしよう)こんな思いとぼくもしばしば戦います。

うまくいかなかったら・・は、すでにうまくいかないイメージをしている

マイナスなイメージを演奏前からしていると、身体はうまくいかなかった時の状態に備えて作動し始めることがあります。

例えば。
ミスしないようにいろんなところに力を入れて固定してしまって、吹きづらくなってしまったり・・。

音の出だしが怖くいから必要以上にタンギングしてタンギングがきつくなりすぎてしまったり・・。

これから吹くフレーズの分の息の量だけ吸えばいいのに、息が足りなくなるのが怖くて目一杯吸って吹き始めてかえって息が吐けなくて苦しくなったり・・。

うまくいかなかったら・・といろいろと備えているはずが、それが原因で逆に自分で自分を吹きにくくしてしまっていることって驚くほど多いです。そしてそれにはなかなか自分では気づけないんですよね。

うまくいくかどうかはまだわからない

過去の経験から怖くなるの、わかります。
経験を積めば積むほど怖くなってきます。それこそ、なんでもない伸ばしの音が怖くなってくることさえあります。

でも、うまくいくかどうかはやるまで誰にもわからないんです。

 

これは自分に対しても言っています。

過去に本番で緊張してすぎて全然音がでなくて、それ以降呼ばれなくなった仕事があったり、コンクールでボロボロになって恥ずかしい思いをしたり、本番の思いもよらないところで右手がめちゃ震えて音も震えてそのまま最後まで吹くしかなかったり。

そんなことがあったのに懲りずにまだホルンを続けているんです。きっと自分で思ってるよりも、ホルンが好きなんだと思います。

音を出すのが怖い。→だけどホルンが吹きたいからチャレンジしようとしている。→チャレンジしようとしている気持ちを大切に→チャレンジが活かせる建設的で前向きな計画を立てて演奏にトライする!!

勇気を出して前向きなアイディアでトライする

自分で自分に呪いをかけていることに気づいたら、前向きなアイディアに置き換えてみる。

勇気がいりますが、チャレンジしていくことでしか前には進めません。

ぼくはレッスンではいつもレッスンを受けてくださる方のチャレンジを一緒に応援して実験して、とやっていますが、自分に呪いをかけていることに気づいたら自分で自分を励ます。背中を押す。

前向きなアイディアとは

なんでもいいです。
実際にできること。

マウスピースをしっかりと密着させること。
身体の仕組みを思い出して呼吸をしてみる。
演奏中に身体を積極的に動かして演奏する。
跳躍が多いところであれば息を動かして演奏することを考える。

 

うまくいかないかもしれない・・。
音がでなかったらどうしよう・・。

こういった呪いはモヤモヤした姿の見えないものですが、前向きなアイディアは実際に自分で実現できること。そこに置き換えて演奏にトライする。

ぜひやってみてください。ぼくも怖くなったら積極的に置き換えてチャレンジします。

おわりに

自分で自分を奮い立たせて、呪いを前向きな演奏プランに置き換えてチャレンジする。

その繰り返しで少しずつ呪いが解けて、前向きに演奏に取り組めるようになっていくんじゃないかな。

ぼくもまだまだ勉強中で成長中です。

だからあなたもがんばろー!

 

 

 

それではまたー!






「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。