どうもごんざ(@Gonza_19)です。

普段は何も考えなくてもスムーズに音が出るのに、緊張すると音を出す一瞬前にいきなり「あれ、音でるのかな」って思うことありませんか?

音がでるかどうか不安になったとき周りの景色もメンバーも全部どっかいっちゃって、無音でそこには自分と楽器と楽譜しかないような感覚になる。そんな経験があるなら、普段こんなことを考えて練習してみましょう。

  1. どんな場所で
  2. どんな場面で
  3. どんな編成で
  4. 誰に向かって
  5. どんなテンポで
  6. 何を吹くか

 

これらを考えながら吹くと恐怖はどこかに行って、演奏に集中できますよ!

好きなホールはどこですか?

ホール

楽器を吹く前に自分の一番好きな場所を思い浮かべてみよう。

ホールじゃなくてもいいです。公園の木陰でもいいし、教会とか野外ステージとか山の上でもいいですよ!

どこか好きな場所をイメージする。

 

ぼくは、いろんな場所で吹いてきたけど大学の小ホールがけっこう好き。

あの広さ、響き、形状、席の傾斜、好きなんだよなあ。

 

あとは軽井沢の大賀ホール。

五角形のホールも形が特徴的で、なんと言っても素敵なのは天窓から太陽光をとりいれられるところ。
美しかったなあ。

どんな場面で演奏しようか?

ロングトーンの音ひとつ一人で練習するにしても、場面を想像してみよう。

オーケストラの中とか
吹奏楽の中野でとか
アンサンブルでとか

そのとき思い浮かんだ場面でOK!

 

大きなホールで友達たちと演奏している中でたったひとりでロングトーンを吹くってイメージするのと、外の風の気持ちいい木陰で、ひとりでロングトーン!だと、想像するだけでも緊張感とか違っておもしろいですね。

誰に向かってどんなテンポで何を吹こう?

聞いているお客さんも想像しよう。

  • ホール満席のお客さんにむかって、でも
  • 家族にむかって、でも
  • 友達に、でも
  • 恋人に、でもいい。

聴いてもらう人も一緒に参加してもらって、音楽を共有する。

 

さあ、準備はできた!

何を吹こうか?

 

決まったら吹く前にテンポを決めて

 

 

さあ、楽器を吹こう!

 

 

 

この流れを大切にして楽器を吹くと、怖さは自然とどこかへいっちゃうよ。

普段からの練習でいつもイメージ!!

おわりに

長々と書いたけど想像すれば数秒か数十秒。

たったこれだけのことで何が?と思うかもしれない。

 

でもこれだけで驚くほど吹きやすさ、音、息の流れ、いろんなことが変わります。

 

と、これは実はバジル・クリッツァーさんにぼくが教わってめちゃめちゃよかったので、忘れないように自分に向けて書きました。

 

 

おすすめなのでぜひ試してね!

 

 

それではまた!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。管楽器コーチ。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽しよう」をコンセプトに多方面で活動中。