どうもごんざです。

吹奏楽コンクール、すでに終えた学校もこれからの学校もありますよね。

レッスンする側も、限られた時間の中で何ができるか何を感じてほしいか。試行錯誤しているし誰もが葛藤しています。

すべては「どうやったら自分たちで音楽し始めるか」、それに尽きる。整えてはみ出ない、だけじゃ君たちの音楽じゃない。

関連記事:吹奏楽コンクールの演奏が「合わせる、そろえる、整える、はみ出さない」だけにならないための3つの提案

明日から高校生と合宿。何ができるかな。何が変わるかな。苦しいこともあるけど、たまにはめげつつ弱音も吐きつつそれでも前を向いて。一緒にがんばろうね。

楽しみです。

 

 

それではまた!

 






シェアしてくれるとよろこびます!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。
自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。
現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。