最近はどこも吹奏楽コンクールの練習で盛り上がっていることと思います。あ、もう一足先に終わっている地域もありますね。

練習を続けていて何かにつまづいたとき、あなたはどう考えますか?

一つの方法にとらわれて苦しくなっていませんか?

何か問題が起きたときの物事の解決方法っていろいろあるんです。

ハーモニーが合わないとき

ハーモニーが合わないときってやっぱ大切なのは音程なんですけど、音程の合わせ方ってたくさんあるんですよね。

例えば、タンギングの種類が違えば息のスピードも違う。息のスピードが違えば音程も合いにくい。

和音の構成を理解せず、ただどの音をチューナーの真ん中を針が刺すように吹いていてもそれじゃあ合わないわけです。和音を吹くとき大切なのは何より「聴くこと」です。

根音が他のパートと比べて小さな音量で吹いていれば合っているようには聴こえないし、5音が爆音でもハーモニーは合っているように聴こえません。

何が原因で、どうしたらいいんだろうというのは、その都度その都度トライ&エラーを繰り返して「そのとき一番必要なもの」を見つける必要があるんです。

関連記事:曲中で音程が合わなかったときの、チューナーを使った具体的な合わせ方

後打ちが合わないとき

何を隠そうぼくも後打ちが大の苦手でして、その昔「テンポ感がない」と烙印を押され、非常に凹んだ覚えがあります。

でもこれもね、先ほどのハーモニーと一緒で、いろんな解決方法があるんです。

音の長さに着目してみよう

例えば、後打ちがどうにもこうにも苦手なとき考えてみてほしいのは、「音の長さはどうだろう?」ということ。

案外後打ちが苦手な人は大体「音がやたら長い」です。長い音のを連続して吹いていたらそりゃテンポに合いにくくなるものです。この場合問題なのは「テンポ感がない」ってことじゃないわけです。

ひとくくりにする怖さ

「あなたって◯◯だよね」。ひとまとめにしてしまうのって楽なんです。

でも本当はそうじゃなかったら?
別に原因があるのにひとまとめにされることで見えなくなっていたら?

実際に大いにありうることです。もし、何かをひとまとめにされてしまって、本当の原因が別にあったとしたら、その人は自分で自分の可能性を制限して余分に苦しむことになります。

 

そこをしっかりと見極めるために、「先生」という立場の人がいるわけですよね。自分で言っておいて身が引き締まる思いです。

いつもどんな時も偏った見方に支配されず、いろんな切り口から攻めていきます!!

 

それではまた!

 

関連記事
楽器演奏において「こうしておけばOK」といった方程式はありえない

楽器を演奏していて「やっぱりダメだ」「できない」って思ったら考えたい2つのこと

音楽に否定的な言葉や考え方はなぜ合わないか。秘密は「心理的リアクタンス」にあった!

演奏経験があって苦手であったり嫌な曲と気持ち新たに向き合うための3つの方法

シェアしてくれると喜びます!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。