どうもごんざです。

どうも不思議に思っていることがありました。

これまで個人レッスンを受けたことがない人がとてもたくさん来てくださるんです。緊張しながら、でもどこか楽しそうに。

そしたら一度レッスンに来てくださったトモさんがこんなことを言ってくれました。

なるほどー。

ぼくは確かにレッスンに来てくださる方にはなんのレベルも求めていません。ていうと語弊がありそうだけど、レッスンを受けに来てくださる方の中には、それこそ指使いから楽譜の読み方や、楽器の構え方から提案することも多いです。

あとはレッスンのスタイルが「一緒に考えていく」というものだからってのも大きいかもしれません。

ぼくのレッスンではぼくが一方的に「ホルンとはうんちゃら」「音楽とはほにゃらら」ってものではなくて、受けてくださる方が「ここ悩んでます」「どうしたらいいですか?」って受ける人の悩みを解決したり、前向きな方向に進めるように手伝う時間にしたいといつも思っています。

年齢も幅広く、お母さまと一緒に来てくださる中学生から高校生、大学生、音大生、フリーランス、社会人の方。年齢で言えば12歳から50代の方まで。しかも女性が圧倒的に多いです。

個人情報がうんたらかんたら、インターネットを通して知らない人と会うのはなんたらって、社会が如何にもこうにも堅苦しくなっていく中で、「ブログを読んで〜」とか「twitterがきっかけで〜」ってのは本当にうれしいし、すごいこと。

それに(こんなこと聞けないよなあ)ってお悩みを抱えてる方が意外と多いことも知りました。レッスンて身構えてこなくて大丈夫ですからね。安全な場所です。

あとは1回のレッスンで満足して帰ってくださること自体はとてもうれしいしいいことなんですが、最初は何度か通ってくださると、より新しい提案が定着しやすいです。1回目より2回目、2回目より3回目と、少しずつ先のこともお伝えできますしね。

 

これからも来てくださった方の「レッスンに来てよかった!」という笑顔をひとつでも多く見れるよう、ぼく自身もホルン奏者として、指導者としてレベルアップしていきます!

 

 

 

それではまたー!

レッスンの様子は随時更新しています。ぜひのぞいてみてください→レッスンアンケート

シェアしてくれると喜びます!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。