満席!4/20.21 大阪にて第30回出張レッスン

驚くほど楽にHiFが出て、いつものしんどさはなんだったんだ…ときょとんとしてしまいました / すちゃさん / 大学院生 / 女性 / ホルン

事前にたくさんのお悩みを教えてもらっていたので正直(これレッスンでどれくらい良い方向に持ってけるかな….)とちょっと不安だったのですが、始めてみたらいろんなことが繋がっていて、終わる頃には結構すっきりしたんじゃないかと思います…..!

それではどうぞ!

レッスンを申し込んだきっかけ、悩みを教えてください

2年ほど前にアマチュアのゲーム音楽団でホルンを再開したのですが、先生がおらず(中学の時はホルン専門の顧問や先輩に教わることができていたのですが…)、自分の吹き方について客観的に見たり、教えてもらう機会がありませんでした。

久しぶりに楽器を吹いていく中で悩みもたくさん出てきて、一人ではなかなか解決できなかったので、レッスンを受けて専門家からアドバイスを頂きたいと思いました。

悩みは、

  • ばてやすい
  • リップスラーが引っかかる
  • 音を外しやすい
  • 中低音の音質が良くない
  • hiDより上の高音が出ない
  • 練習時間があまり取れないため、効率的な練習法を知りたい

    など、たくさんありました。

実際にレッスンを受けてみてどうでしたか? 

今まで自分が「こうしなきゃいけない」と思い込んでいたことがどんどん覆されて、覆されるほどどんどん吹きやすくなって。今まで悩んでいたことがみるみる改善されていってびっくりしました。

例えば、プレスの強さだったり、息ではなく口元を意識して使ったり、音出しの音域を上げてみるなど…。どれも一人では気づかない・知らないことだったので、本当に勉強になりました。

おすすめされたリップスラーをやっていく中で驚くほど楽にHiFが出て(HiCくらいの感覚でした)、いつものあのしんどさはなんだったんだ…と自分でもきょとんとしてしまいました。

ちょうどレッスンの後に自分の所属しているオケの合奏練習があったのですが、たくさん教わったことを実践してみたら、吹きやすくなっていることを自覚できてとても楽しかったです。

ごんざ

HiFすんなり出てびっくりしましたね笑 楽譜を見ないで取り組むことで視界からの(うわ、この音高ッッ!)という情報をもらわずに吹けたことも大きいと思います。レッスン後にすぐに実践できたの素晴らしいですし、自分で出来たらそれも自信につながりますねー!

どこでごんざのことを知りましたか

Twitterでホルン関係のユーザーさんがリツイートしていたのを見て知りました。

ズバリなぜごんざを選んでくださったのですか?!

いつも興味深くTwitterの投稿や楽譜を拝見しており、投稿内容を練習で実践したところ、ごんざさんのアドバイスが自分の吹き方に合っているなと感じました。 福岡にいらっしゃると聞いて、ぜひ個人的にアドバイスを頂きたいと思いました。

ごんざってこんな人でした!

穏やかな雰囲気で、でも伝えるべきことはちゃんと伝えてくださって、とても話しやすい方でした!見えないことについて言語化・具体化してくださるのが本当にわかりやすくて、すぐ実践に移すことができました。

また、うまく吹けたときや自分のアンブシュアや音質など小さなことでも褒めてくださったので、自信になりました。限られた時間の中でも、受講者に寄り添って、より良い方法で悩み解決に導いてくださる方だと思います。

ごんざ

吹いて伝えることも大事ですが、言葉で伝えるのも、時に演奏以上に大切だと考えています。少しの変化でも見逃さずちゃんと進歩を喜ぶことで、変化を実感しやすくなると思っているので、そう言っていただけて嬉しいです!

こんな人におすすめのレッスンです

普段レッスンを受ける機会が無い方やお悩みがたくさんある方、ぜひ一度相談してみてほしいです…! また、とても話しやすい方だったので、私のような学生にもおすすめできると思います!

何かあれば自由に書いてください

今回は充実したレッスンをありがとうございました。新しい気付きをたくさん得られて本当に嬉しかったし、今後の練習・合奏が楽しみになりました。教わったことを活かして今後も音楽活動楽しみながら頑張っていきたいです!

大変恐縮ですがひとつだけ要望があるとすれば、学割料金があれば…今後もっと学生も参加しやすくなるかなと思います…よろしければご検討お願いします。

ごんざ

練習時間が限られているとのことでしたが、意図を明確にし練習に取り組むことでちゃんと上達できると思いますよ。要望もありがとうございます。料金については実は検討中です。

これからもホルン楽しんでいきましょうねー!ありがとうございました!!

Twitterでごんざを  

エールを贈る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です