満席!4/20.21 大阪にて第30回出張レッスン

ただ練習回数を重ねるのではなくて色々考えながら吹く、の意味がわかってきた気がします。 / 女性 / 社会人 / ホルン

匿名のTwitterアカウントにて以前DMで相談をくださっていた方が、レッスンに来てくださいました。

普段からnoteも使用してくださっているとのことで、実際にお会いしたレッスンではとても話がスムーズで、実際の対面レッスンでしか確認できないことを確かめていくような時間に。百聞は一見にしかず、とはこのことなんだろうなあと強く感じました。

それではどうぞ!

レッスンを申し込んだきっかけ、悩みを教えてください

Twitterでのアドバイスを試して改善した部分が多かったから。悩みは音の出だしのミストーン、雑音、右手の使い方。

ごんざ

日々発信していることを(これ自分にも関係あるかも…?)と捉え取り入れられるってそれだけで本当にすごいなあと思います。ただ、日々の発信は『受け取る側の方がどういう状況』か、まではもちろん分からないので、そこは実際のレッスンでしかできない部分ですよね。

実際にレッスンを受けてみてどうでしたか? 

特に右手の使い方など、実際に教えていただかないとわからない事がたくさんありました!

ごんざ

右手の入れ方ってホルン吹きにとってはかなり大切なことです。「こうした方がいい」という基本的な形はもちろんありますが、それはその方の体格や構え方、吹き方によってかわってきますので、そこが対面でお伝えできてよかったです!

どこでごんざのことを知りましたか

Twitterです。

ごんざってこんな人でした!

写真の印象そのままの、やさしい方でした。

こんな人におすすめのレッスンです

感覚ではなくて、理論で言われた方が上達する方。

何かあれば自由に書いてください

口の中の使い方について知ったのがごんざさんのアドバイスが初めてで、目から鱗という感じでした。なんとなく、ただ練習回数を重ねるのではなくて色々考えながら吹く、の意味がわかってきた気がします。ありがとうございました。

ごんざ

口の中の使い方って目に見えない部分の話なので、取り扱いが結構難しいです。ですが、そこを音域や音量によってどう変えていったら吹きやすくなるか、というのはイメージや息の吐き方等とは別に存在します。ぼく自身がそこに取り組むようになって、とっても吹きやすくなりました。

そのあたりは実際に仕組みを理解し、考えながら取り入れて練習していく必要があるんですよね。これからも楽しんでホルン吹いていってくださいね。

ありがとうございました!

Twitterでごんざを  

エールを贈る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です