これまでHiCすら難しかったのに、ちょっと意識するだけで、F管でHiE付近までスラーでいきなり出るようになりました。(嘘みたいですが、本当です!) / 社会人 / 男性 / ホルン

私のもとへは、お仕事、子育て、環境の変化などを経てブランク明けにレッスンに申し込んで来てくださる方が多いです。

以前のような練習時間は取れない、あの頃の方がうまく吹けた、でもこれからも楽器を吹き続けたいし上手くなりたい。とお悩みの方は、自分が採用しているやり方を見直すチャンスです。

時間はなかなか取れなくてもその分集中できますし、自分に合ったやり方で現在取れる時間に合わせた練習方法で、上達する方法はあるんです。

今回のレッスンでは、ハイトーンが苦手(F〜HiC)、と話してくださっていたのに1度のレッスンでHiEまではスルッと出ました。モチベーション上がりますよね。

 

それではどうぞ!

レッスンを申し込んだきっかけ、悩みを教えてください

高校から楽器を始めましたが、初心者で入部してすぐコンクール出場となり、見様見真似で演奏していました。

15年ぶりに楽器をまた始めてみましたが、権左先生の発信している内容が私の悩み(バテる、高音がでない、そもそも正しい吹き方って何?)と一致していたことから、レッスンを申し込みました。

ごんざ

ご自身でも後述してくださっていますが、バテやすいと悩む方にはいくつか傾向がありまして、そのひとつに『ある部分を変えずにすべての音域、音量を吹こうとする』というものがあります。

「今まで我流でやってきたので癖だらけだと思います」と話してくださいましたが、上述の点を除けば癖のない吹き方で演奏できていましたよ。

実際にレッスンを受けてみてどうでしたか?

レッスンを受ける前に、実はnoteに記載されていることを試していました。
でも全然高音も出ず「やっぱりダメかなぁ」と思いながら、レッスン当日を迎えました。

姿勢・マウスピースをあてる際の準備を意識するだけで、ふぅーっと息を吹くだけでマウスピースが楽に鳴ったのはおどろきでした。

さらに、アパチュアやシラブルをちょっと意識するだけで、これまでHiCすら難しかったのに、F管でHiE付近までスラーでいきなり出るようになりました。(嘘みたいですが、本当です!)

ごんざ

noteご覧いただきありがとうございます!姿勢やマウスピースの当て方ってほとんど無意識にやっているものなので、自分ではそれが自分に合っているのかどうかとってもわかりにくいものです。なので少し意識するだけで結構変わりましたよね。

ハイトーンは仕組みを知ること、それらをちょうどよく組み合わせることで出るようになることが多いので、それを体感してくださって嬉しかったです。もっと上にいける可能性を感じました。

60分のレッスン時間で依頼くださいましたが、時間の長さはどうでしたか?

時間の長さはちょうどよかったです。
一方的に吹くのではなく、色々と会話して相談しながら試行錯誤できるのが良かったです。

ズバリなぜごんざを選んでくださったのですか?!

前述のとおり、同じ悩みを持っていたからです。

ごんざってこんな人でした!

正直、私は人見知りなので、ちょっとドキドキでした。
ブログにある写真などから、ちょっととっつきにくいかなぁと勝手に想像していましたが、とてもナチュラルで相談しやすかったです。

こんな人におすすめのレッスンです

・高音に苦手意識を持っている人
・唇が厚いなどコンプレックスを持っている人
・楽器を吹くときは、口の中を縦にして吹くと教わってずっとそのように吹いている人

何かあれば自由に書いてください

次回もまたよろしくお願いいたします。ちなみに息子にシラブルを言ったところ、「普通でしょ!?そんなことも知らなかったの?」とまだ始めて1年ちょっとしか経っていない若造に言われてしまいました。。。

ごんざ

初回のレッスンでは話しながらご自身の吹き方や考え方のくせを紐解き、より自分に合うやり方や考え方にアップデートしてく時間となりました。これからのレッスンでは、それらを定着させ、より楽しく楽器を吹けるよう取り組んで行きましょう。

息子さんは良い環境で音楽なさっているのですね。楽器を始めて1年で必要な知識を備えてるあたり、将来有望かもしれません……!

ありがとうございました!

Twitterでごんざを  

エールを贈る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です