どうもごんざです。
自宅で料理をするときの最大の問題点は「めんどくさい」です。すべてこれに集約されます。

  • にんにくのすりおろし大さじ1
    →めんどくさい

  • しょうが1かけ
    →大きさわからない、めんどくさい

  • 分量:4人前
    →大すぎ、人数分で考えるのめんどくさい

  • がんばって作ってもそこまで美味しくない
    →買ったほうが早い。

などなど。
ここ乗り越えたら料理って本当に楽しいのですが、めんどくさい気持ちもよくわかります。

料理ってめんどくさい、という思いを今回紹介するレシピ本がすべてを解決してくれました。

分量は一人分から!
にんにくしょうがはチューブの長さで表記!
簡単なのに感動する美味しさのレシピの数々!

天才だと思いました。
こんなシンプルな組み合わせでこんなにも美味しい!の数々。
料理が苦手な人、経験がない人、ぜひ手にとってください。

実際にいくつか作ったので紹介します!

世界で一番美味しい煮卵

まずはタイトルにもなっているこちらのレシピから。煮卵っていうとすんごく敷居が高く感じます。

茹で具合難しそう・・
味付けは・・?
漬けとくの時間かかりそう・・
一気にたくさん作らなきゃでしょ・・?

こんな思いをぼくも持ってましたが、この本を見ると工程はわずか3工程!卵は3個!調味料は一種類!

半信半疑で作って見ると。

控えめにいって完璧。

お味の方は!

ウマーーーーイ!

工程がシンプルすぎて驚き。しかもうまい。

 

次。

ラー油のピリ辛チャーハン

先に言っておきます。

このレシピに出会って、これだけでもこのレシピ本を買う価値があったと!胸を張って!勝手に言います!

材料に食べるラー油を使うんですが、食べるラー油がこんなにも万能で美味しいことを初めて知りました。

こちらのチャーハンも3工程!
下手したらカップラーメンにお湯入れてから出来上がるまでに完成するくらい簡単です。

素晴らしい!
もう何度も作りました!

一気に作って一気に食べきる男飯!

うますぎいぃぃぃ!

ラー油1瓶があっという間になくなります。
ちなみにこちらの食べるラー油を使って作ってます。

カニカマわさび

あたためない、切らない、混ぜるだけ!

このキャッチフレーズの一品料理。
もうお皿で混ぜちゃいましたのでこのワイルドさ!

どれくらいすぐできるのか時間計ってみたら「2’20」でした!3分以内!

シンプルなのにこれまた美味しいんですよね・・・。

組み合わせの天才。
思わず「うまっ」って笑みがこぼれる感じです。

タダごとではない旨さのアボカドの食べ方

甘じょっぱさがたまらない、ありそうでなかった組み合わせのアボカドの食べ方。

一瞬でなくなります。

アボカドってポン酢かけとけばいいや、みたいのあったんですけど、たったの一手間でこんなに美味しくなるなんて・・・。

脱帽です!

居酒屋風たたききゅうり

居酒屋のメニューにあったら思わず頼んでしまいそうな一品。こちらも食べるラー油を使っています。

食べるラー油最強かよ。

このレシピもお皿で混ぜてそのまんま。

ポイントは食べるラー油+◯◯の「◯◯」がもうね、絶妙。分量もばっちし。超簡単なのに友達の家に行ってこれが出てきたら「おお〜!!」ってテンション上がること間違いなし。

世界で一番美味しいバターチキンカレーの作り方

そもそもですよ。
きっと複雑なスパイスと、とんでもない時間かけて作ってるんだろうなって、作ろうとすらしなかったバターチキンカレー。
簡単に作れちゃいました。

作るまではね「世界で一番美味しいとかまたー」って思ってましたけどね。
これ、マジでうまいっす。

こんなに美味しいのにこちらも3工程。

信じられない手軽さで信じられない美味しさ。

あえて言うなら材料が3〜4人分になってますが美味しすぎてすぐなくなります。倍量作ってもいいくらいです。

これもとんでもなくおすすめ。

あまりにも美味しいのでちょうど本に載ってたチャパティも作って一緒に食べちゃいました。

ナンよりは薄いんだけど、パリッとしているわけでもなく。

とりあえず、美味しい。

チャパティも一瞬で消えました。

おわりに

そこらへんのレシピ本とはわけが違います。

簡単!わかりやすい!美味しい!

語彙が少ない人みたいですけど本当にどれも美味しいんです!春からの新しい生活にぜひこの一冊を!本当におすすめです。

 

 

 

それではまた!

Twitterでごんざを  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です