満席!4/20.21 大阪にて第30回出張レッスン

直接ご指導いただくのが一番の近道。何年も悩んでいたのがもったいなかったです。 / 女性 / ホルン

数年前からブログなどを参考にしてくださっていた方が、わざわざ浜松から東京までいらしてくださいました。

いろんな事情がありますから、直接レッスンを受けに来ることが難しい方も多いことはぼくも承知していて、そういった方にも何か少しでもヒントを、と思い日々発信しているのですが、以前から発信を受信してくださっていた方が実際レッスンに来てくださって「百聞は一見にしかず」と言ってくださると、それはまた嬉しいですね。

それではどうぞ!

レッスンを申し込んだきっかけ、悩みを教えてください

唇のバテをなんとかしたくて長い間試行錯誤を繰り返すも改善されず、なんとかしたかったのでレッスンを申し込みました。

実際にレッスンを受けてみてどうでしたか?

直接ご指導いただくのが一番の近道ですね。何年も悩んでいたのがもったいなかったです。

バテは、口の中のことや、構え方・チューニング管の抜き具合・タンギングなどなど、自分では気が付けなかった色々なことが関係していたことがわかりました。

気合や根性部分を発動しなくても、ハイトーンが出たので少し戸惑い。ハイトーンが鳴るたびに「いい音ですね!今何をしました?」と褒めてもらうと同時に質問されたので、体感だけではなく、自分で言語化して覚えていくってことなのかな?これも大事ですね。(何したっけ?って頭をフル回転させていたのでリアクション薄くてすみませんでした。汗)

ついでに質問した下行時に音が外れる問題も解決。交通費をかけてでもレッスンを受けに行ってよかったと思いました。

ごんざ
バテっていうとスタミナが足りないのかな、と多くの人は思いがちですが、どちらかというと「人より頑張っているからバテやすい」ことが多いです。

楽にハイトーンでると戸惑いますよね。(え、これでいいの?)てなるのわかります。

何をしたらよくなったか、を言語化することで自分だけでの練習の時の再現性につながると思っているので、ぼくは大切にしています。ついでの質問も話が繋がっていたのでスムーズにできましたね。

どこでごんざのことを知りましたか

おゆまるくんのブログで。おもしろいことを考える人だなと。

なぜごんざを選んでくださったのですか!

権左さんがブログやTwitterでバテについていろいろ書かれていたので、きっと相談に乗ってもらえるだろうと。

会ってみたらごんざってこんな人でした!

皆さんのアンケートでイメージした通りの方でした。親しみやすい方です。

そして観察眼に優れているからでしょうか、袖口の刺繡やケースのホルンの小さいアクセサリーにまで気づいて褒めていただきました笑

ごんざ
普段から人が気づきにくい小さなことに気づくので、そこもレッスンに活きてるのかなあ、と思っています。アンケートと実物が離れていなくてよかったです…!笑

こんな人におすすめのレッスンです

「音楽のお悩み相談なら-権左ホルン研究所-」です。(個人の感想です。ありがちなキャッチコピーですみません。)こちらの疑問質問すべてに出し惜しみしないで答えていただけました。

悩みごとがあるなら権左さんのレッスンを受けてみるといいですよ。

ごんざ
キャッチコピー!考えてくださって嬉しいです笑 ちょっと情報量多すぎちゃうかなと思いつつ、せっかくお越しいただいているので、時間いっぱいできる限りお答えしました^^

何かあれば自由に書いてください

盛りだくさんのアドバイスありがとうございました。いただいた楽譜をウォームアップに取り入れて口の中の動き諸々が自然にできるように取り組んでいきたいと思います。

これからはバテちゃったから仕方がないと言い訳しないで、楽しくホルンが吹けそうです。

ごんざ
新しいことを試すことで「変われること」を実感できたと思います。バテなくなることはありませんが、試してみたことを自分のものにできれば、バテは遠のくはずです。

レッスン後に「早くホルンを吹きたいです」とおっしゃっていて、その気持ちが楽しくホルンを吹くにはとっても大事です。

ありがとうございました!!

Twitterでごんざを  

エールを贈る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です