どうもごんざです。

背が高くてシュッとしてる友人がいるのですが、先日いつもはかけないメガネをかけていたんですよ。それがまた非常に似合っていたので「メガネ似合ってるね!かっこいい!」って言ったら「ありがとう!もっと言って!」と言われました。

その瞬間は「お、おう。・・・」ってリアクションしかできなかったんですが、彼は「ほめられたらちゃんと受け止めようと思って。その方が気持ちいいじゃん」って言ったんです。

イケメンは言うこともイケメン。

でもね、これは何にでも通じる大切なことだと思ったんです。

今の自分を知る、ということ

レッスンをしていると、「今できてますか?!どうですか?!」と聞かれることがあります。

そんなとき「できてますよー!」と同じくらいの勢いでお伝えします。できているかどうかはどのレベルで言うのかとかできてるって言っていいのかとか、話し始めればキリがありませんがぼくの場合は、さっきよりもできている場合に「できてますよ!」と言っています

さっきより先に進んでますよ、大丈夫ですよ。

そう伝えています。

今までより良くなっていることに自信を持ってほしい

自信ていうとこれまたいろいろと難しいんですが、ぼくはレッスンを通じて自分は変われること、まだまだうまくなれること、こんなことを感じてほしい。

自分の大好きな楽器がまだまだうまくなれる、自分も変われる!そう思えたら最高ですよね。幸せじゃないですか。少なくともぼくは自分に可能性を感じるとすごくうれしくなります。

そんなこと言われても自信なんてないよ・・と思ったあなたにまず試してみてほしいこと。

言葉を受け取る

「今のいい音だったね!」と言うと「いやいやそんなことないですよ・・」って言う人いますよね。いかにも日本人らしいと言えばそうなんですが、これを「ありがとう!」と受け取ってみよう。

これだけで気持ちがだいぶ前に進みます。

なので、ぼくのレッスンに来てくださった方は覚えがあると思いますが、何かうまくいったことがあればぼくは本人以上に喜びます。「やったねー!」って。そうするとね、最初は戸惑ってる人もやがて一緒に喜んでくれる。多分(ここは喜んでいいんだな)って思うんだろうな。

嬉しいことは「嬉しい!」って表現するのが自然なこと。

これ、日常のいろんなところで試せるのでぜひやってみてください。ちょっと心がふわっとします。

 

 

 

それではまたー!

シェアしてくれると喜びます!

      \Twitterでフォロー!/
      

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です