どうもごんざです。

社会人ホルン吹きの方がレッスンに来てくださいました。事前にたくさんのお悩みをいただいていたので、(これは難しいレッスンになるやもしれぬ)と、ある程度覚悟してレッスンをはじめたのですが、なんのなんの!めっちゃめちゃ吹ける方でした。

「え、本当に週1回しか吹いていないんですか?」

と聞いてしまったほど。

「めっちゃいいですね!」とぼくはレッスンでよかったときは思いっきりよかったことを相手に伝えるのですが「いやいや、そんなそんな」とご本人。

特定の音だけ出にくい、という症状

具体的には五線の中の「G」の音でした。

ホルンにとって鬼門の音。高くなりやすく、誰もが苦戦するポイントですね。この方も苦戦していましたがどうもちょっと様子がおかしい。

Gだけが極端に鳴らないのです。

高音も低音もまんべんなくいい感じに吹いてらっしゃるのに、Gがフレーズに参加すると途端にその音だけ何か他の音と違う。

「楽器がおかしいんですかね・・?」と言われ吹いてみましたが、おかしいどころかむしろ吹きやすい。

(でた、新しいパターン!)

解決方法がまったく思いつきませんでした。
こんなときは闇雲に提案を投げず、情報収集です。話していくと少しずつみえてきました。

吹けているのに合わせにいきすぎていた

話をしていく中で、「パートでGの音を吹くとき、特に合わないんです」と話してくれました。

(なるほど、だから最初から頭の中で『嫌な音だな、合わないかもしれない』と思って吹きはじめているのかな)

そう思って「音が出る前から心配するよりも、吹いてから心配するようにしてみたらどうでしょう?」と提案をしました。

「〜♪」

いろいろと気にしすぎていたみたいです。もともとリーダシップのある素敵な音色の方。ぱきっと素敵に吹けるのに(合わないかも、合わせにいこう)と思ううち、無意識に体も覚えてしまっていたようでした。

等身大の自分で吹く

今回のレッスンのテーマはここにありました。

マウスピースの密着だとか他にもいろんな話はしましたが、本来吹ける方なのになんだか遠慮がち。思い切って吹くことでいろんな場面で素敵に吹けるようになっていました。

思い切って吹くことでガチッとパズルのピースがはまった感じでした。それに初対面の方でしたが、音楽業界は狭いもので共通の知り合いがたくさんいて、話も盛り上がりあっという間のレッスンでした。

周りに遠慮せず、自分の色を出す

譜面が吹けたら、次は何色の音楽にするか。
自分の力が存分に発揮できる環境で、自分の色を出して演奏していってほしい。その方が楽しいだろうなあ、と感じました。

社会人の方ならなおさらです。

仕事があって、休みの日はゆっくり家で羽根を伸ばすこともできるのに楽器を吹くって素晴らしいことなんですよ。
それだけの思いがあるんです。

なのにその楽器を吹く場所が、周りに遠慮しながら吹く場所だったら?

もったいなーい!

自分の時間を好きなことに使っているんです。好きに吹かないでどうすんですか!と本人にも伝えました。

自分の好きなことくらい、もっとわがままになっていいんです。

楽しみましょう!

 

 

 

それではまたー!






シェアしてくれるとよろこびます!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。
自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。
現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。