相手の気持ちばかり考えてないで、自分の気持ちを話すようにしたらとにかくすっきりした!


家の近くに、小さくておしゃれな珈琲豆店を見つけてほっこりしたごんざです、こんにちは。

 

あなたは、言いたいことを相手に言えず、「思ってることが言える人っていいなあ」って思ったことありませんか?

ぼくも以前はそう思うことばかりでした。
でもある時気付いたんだ。

もしかして、言いたいこと言わないって、自分が損してるだけじゃないか、と。

 

頭に浮かんだこと片っ端から言えって言ってるんじゃないよ

考えていることはあるのに、思っていることが言えない、あるよね。

 

「これを言ったら相手はどう思うかな」

「嫌な気持ちにさせてしまったらどうしよう」

「間違っていたらどうしよう」

 

こんな風に思ったことがあるあなた。
あなたは繊細で気付くことができる人です。

相手の気持ちになって考えることのできる優しい人です。

 

周りの目を気にするって、誰にでもあること。

これを言ったら相手はどう思うかな、嫌な気持ちにさせてしまったらどうしよう、と思うのは、相手の気持ちになって考えられているってこと。

間違っていたらどうしよう、って思うこともあるよね。でも、話してどうなるかは話してみないとわからないよ。

考えれば考えるほど何も言えなくなっていく。

何を考えているか周りの人はわからないから、「何考えてるかわかんない」とか「こわい」とか言われる。

余計話せなくなっていく。
話せない自分が嫌になる。
でも話さないと、相手には何も伝わらない。
そう分かっていても話せない。

ぼく自身、思ったことをなかなか言えず「暗い」「こわい」「怒ってるでしょ」「何考えてるかわかんない」とか言われることがすごく多かった。

自分の気持ちを話せなくて損をする場面て多い。

子どもの頃、小学校ではいじめられ家に帰れば不仲の両親、と逃げ場なしで育ったぼくは、人の顔色を見ながら、思ったことを言えないなんて普通でした。

お陰さまでその場の空気を察することは得意になったわけです。

相手の求めている答えを必死に探して、求めている答えを口にし、自分の考えはしまう。

こっちはこれだけ気を使っているのに、相手は気付いてもいない。

むしろ「なんでそんなに閉じてるの?」とか言われる。

ちょっと待ってよそりゃないよ、って何度も思ったよ。でも大学までそういう風に生きてました。

 

でも、ある時突然気が付いたんですよ。

 

「こんなに周りに気を使ってるのに、誰も気付いてくれない。なんか自分めっちゃ損してないか?」

 

って。

そりゃそうだよね、相手に合わせてるだけでそこに自分はいないんだから。

なんだばかばかしい。やーめた。

とそこで新しいことに気付く。

 

「自分の気持ちってなんだ?!」

 

長いこと自分の気持ちにフタをしてたおかげで、自分の気持ちがどこにあるか分からなくなっていた。

人に合わせることをやめてからはじめたこと

自分の気持ちを声に出してみる

おいしいものを食べたら、おいしい。

きれいな景色を見たら、きれい。

うれしいことがあったら、うれしい。

声に出すことで、自分の気持ちに気付いてきた、というか染み込んできた気がした。
こんにちは自分の気持ち。

 

思ったことを話してみる

思ったことを話したら相手がどう思うかはとりあえず考えない

自分が思っていることを相手に伝えて嫌われたとしても、自分の思っていることなんだから仕方がない。嫌われたら嫌われたでいいや。

言わなくたって実際思っているんだから仕方がない。

これくらいの気持ちで人と接すると、グッと気持ちが楽になるよ。

 

それから。思ったことを厳重に張り巡らせていた自分フィルターを通さずに話してみる。

ぼくの場合、自分の気持ちを話すようにしたら、相手にびっくりされて爆笑されることが多くなりました。「顔に似合わず」とか余計なこと言われましたが、毒舌みたいです。ズバッと言っちゃいます。

少しずつ考え方を変えていって結果どうなったか。

めっちゃすっきりした!!

あーもーなんだったの、今まで。ってくらいすっきりして、心がストーンて軽くなった。

思ったこと言わないとかほんと損!

自然と仲良くなる人も増えた。そもそも無理して人と付き合わなくなったので、合わない人は相手が「こいつ合わないな」と寄ってこない、って言う。

 

結局のところ

自分のためにも相手のためにも、思ったことはどんどん話す!がぼくの基本的な考え方になった。

もちろん、思ったことをいつでもどこでも全部話してたら、それはただの空気読めないヤバい人なので、そこらへんは気を付けます。
あくまで、基本的に、です。

思ったことをなかなか言えないあなたも、ぜひ勇気をだして一歩踏み出してみよう。

 

見える景色が変わります。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

 






シェアしてくれるとよろこびます!

      \Twitterでフォロー!/
      

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ごんざ ゆういち

    国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。