こんにちは、ごんざです。
ホルン吹きにとって右手について語られることは多いのですが、左手の話はあまり聞きません。

 

でも左手も結構奥が深いんですよ。

今日はフルダブルホルンの切り替えのキーの話。

押してB♭管になるのか、押してF管になるかあなたはどっち派ですか?

楽器を吹いていて左手が痛くなってきたり左手の小指に痛みを感じる人は、普段よく使う管を基本設定にしておくと吹きやすくなりますよ。

押しF、押しB♭ってなんだ?

フルダブルホルンは、親指のキーでF管とB♭管を切り替えています。

何も押さない状態で楽器を吹くとF管の場合は、押すとB♭管に切り替わるので押しB♭です。
何も押さない状態で楽器を吹くとB♭の場合は、押すとF管に切り替わるので押しFです。

 

大抵の楽器は何も押さない状態がF管の仕様になっていることが多いです。ぼくが吹いているアレキサンダー103ももともとは押しB♭でした。

中学高校、大学と何の迷いもなく押しB♭で楽器をずっと吹いていました。というかそもそも押しFに切り替えることができることさえ知りませんでした。

あるとき左手の小指が痛くなり、押しFに換えた

何の迷いもなく押しB♭で楽器を吹くこと10年以上。あるとき事件が起きました。

同じ音を1ページくらいくらい吹き続けるきつい曲を演奏したときのこと。吹き続けるうちに左手の小指が痛くてたまらなくなったんです。

空き時間に「小指が痛いなあ」とぽろっとこぼしたところ、ホルンの先輩に「押しB♭だからじゃない?押しFにしてみたら?」とアドバイスをもらった。

 

え、押しF?なにそれ?おいしいの?

 

当時は言葉自体知りませんでした。

単純にB♭管を吹く割合が多いんだったら、押しFにすれば親指でキーを押す時間も減りますよね。アレキだったらすぐ切り替えられると教わりその日から切り替えたところ、あら不思議!小指の痛みがなくなったんです!

切り替え方法はこちら↓
2016-05-17 00.21.48
※この写真は押しFのセッティングになっています。押しB♭から押しFにする場合は、もともと右の穴にネジが入っているので、それを左にずらしてください。

アレキ以外の楽器の人で切り替えたい人は、楽器屋さんに相談してみてください。

押しB♭と小指の痛みの関係

なぜ押しB♭で小指が痛くなったのか。それは手の仕組みと使い方に関係していました。そもそも親指と小指は連動しているんです。

試しに、親指と小指で物をつかもうとしてみてください。親指だけじゃなく、小指も一緒に動きませんか?

こんな感じで。

近づく親指と小指

親指だけ動かそうとすると小指も近寄ってきてくれます。
これは物をつかむために起こる、自然な動きです。

次にこんなことを試してみましょう。
さっきの動きを親指に力を入れてやってみてください。

どうですか?
自然と小指にも力が入りませんか?

 

親指に力が入ると、体の構造上自然に小指にも力が入ってしまうんです!

 

ぼくの場合で言えば、長時間親指を押し続けて演奏していることによって親指に力が入ってしまい、結果的に小指にも自然と力が入ってしまっていました。

もし演奏していて小指が痛くなる覚えのある人は、こんな原因かもしれません。

指遣いが替わるから慣れるまでは大変

親指と小指の関係が楽にはなったのですが、次に待っていたのは指使いの変化です。

B♭管とF管では指使いが違うので、変更直後は相当バグります。なんでもないところで指を間違えたりします。これは慣れ流しかありません。

ぼくは直すまでに3ヶ月くらいはかかりました。

おわりに

左手のキー。押しF、押しB♭の話どうでしたか?

B♭管中心で楽器を吹いている人、小指が痛くなっちゃう人はぜひ切り替えを試してみてください。

 

それではまた。

左手
      \Twitterでフォロー!/
      

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ごんざ ゆういち

    国立音楽大学卒業。ホルン奏者。管楽器コーチ。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽しよう」をコンセプトに多方面で活動中。