どうもごんざです。
大学3年の頃から毎年関わっている東京都中学校吹奏楽コンクールのお手伝い。

今年も2日間だけお手伝いしてきました。

初日からこの忘れ物。こんなでかい忘れ物初めて見ました。

 

毎年コンクール会場で指導校の引率で来てるいろんな学校の講師の先生方(知り合い、友人、大学の先輩後輩)と話せるのが楽しみでもありました。

いろんな繋がりもできましたし、大変ですが毎年このイベントは楽しみでもありました。

 

「ごんざと握手できると毎年金賞なんだよ」って言ってくれる先輩。

「ちょっと荷物見てて」と荷物預けて何処かにいってしまう知り合い。

レッスン先の学校の先生、生徒、などなど。

 

最初の5年くらいは会場係としてめちゃ怒鳴ってて厳しくしてて楽器置き場を徹底的に管理しようとしてました。生徒からにらまれたり、舌打ちされたり、保護者からクレームもらったり。ひどかったなあ。いっぱいいっぱいで必死でした。

この仕事をきっかけにレッスンに呼んでもらった学校があったり、ブログに書いた3万人以上を見てきたコンクール運営係のプロが語る!吹奏楽コンクール当日に把握していてほしい16の手順がもとで雑誌に記事を書かせてもらったり、吹奏楽専門フリーペーパー「Wind-i mini vol.34」に記事が掲載されました!。思わぬ繋がりもたくさんありました。

これからはたまに会場に行くくらいになるかと思いますが、とってもたくさんのことを学んだ貴重な現場でした。

ありがとうございました。

 

 

 

それではまた。

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。管楽器コーチ。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽しよう」をコンセプトに多方面で活動中。