日々レッスンをしていると、理由はそれぞれですが、「◯◯なのでレッスンをキャンセルしたい」ということがあります。

体調が悪くなることもあるでしょうし、都合がつかなくなることもあるでしょう。何か突発的な事情もあるかもしれません。

ただ、どんな理由があるにせよ、一度取り付けた約束をキャンセルすると何が起こるのか。

今日はそのあたりを少しお話しします。今まであいまいになっていた部分もあるので、今後は徹底します。

ちなみこのブログのレッスンメニューの項目に記載しておりますが、ぼくの考え方は以下の通りです。

なぜキャンセル料をいただくのか

個人でレッスンをしているのになぜキャンセル料が発生するのか、イメージが湧きにくい方もいらっしゃると思うので説明します。

場所代が発生している場合がほとんど

レッスン形態はさまざまですが、ぼくの場合は自宅でレッスンをしていませんので、ほぼどこでレッスンする場合でも場所代が発生しています。

例えば、新大久保の楽器店ダクのスタジオでレッスンする場合、ダクのスタジオはこんな決まりになっています。

 ☆キャンセル料: 7日前~前日:50%  当日:100%

引用:http://www.music-dacapo.com/rental/

レッスンまで1週間を切った時点でキャンセルになると場所代がすでにかかるのです。

ですのでご返金する場合にもキャンセル料が発生する場所でのレッスンは、場所代はいただくことにします。

時間を用意していることを知ってもらいたい

キャンセルするにあたって、「実費だけでいいじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、レッスンするにあたって私の時間をその方のために用意している、ということを分かってもらいたいです。

その予定が入っていなければ他の方がレッスンに来れたかもしれないですし、私も他のことに時間を充てることができます。

それにレッスンするにあたって、私の場合はお申し込みをいただいた時点からその人のことを考え始めます。

  • レッスンを受けにきてくれる人はどんな人だろうか
  • どんなことで悩んでいて
  • どれくらい悩んでいるのか
  • 今までどんな音楽人生を歩んできて
  • どういう方向にレッスンが進むといいのか

たくさん考えていることが、たった一言の「キャンセルします」で終わってしまう。そこを知ってほしいのです。

おわりに

キャンセル料の考え方としては「かかってしかるべきもの」です。

お金をいただく代わりに、時間と場所を提供している、そういったイメージです。

これはプレッシャーをかけるわけではなく、お互いが気持ちよくお付き合いしていく上で、その前提が合った方がいいよなあ、と思ったので思い切って書きました。

これからもレッスンに来てくださる方と、気持ちの良いお付き合いをさせていただければと思っております。

 

 

それではまた。






Cancel

「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

1 個のコメント

  • こんにちは。いつもTwitter拝見しています。
    キャンセル料、発生して当然だと思います。場所代ももちろん、一番はその方のために作った時間代ですよね。
    私は大手音楽教室のピアノ講師をしております。なので、レッスンのキャンセルということはないのですが、レッスンを欠席した時の補講を要求されたり、時間変更を頼まれる場合があります。どちらも教室のきまりでできないことになっているのですが、それを伝えると嫌な顔をされる場合もあります。
    他にも生徒さんがいるんです、あなたのためだけに変更はできないんです!と叫びたいときがあります。
    一昔前はそんなことなかったんですけどね、時代でしょうか。
    少しずれてしまったかもしれませんね、申し訳ありません。音楽を楽しんでいけるよう、お互い頑張りましょうね。失礼いたしました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ごんざ ゆういち

    国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。