仮入部で新入生の心をわしづかみにするたった1つの方法

春になって新年度がスタートすると、入学してきた新入生がどれくらい部活に入ってくれるか、どう勧誘したらいいか、頭を悩ませている学校も多いと思います。

そんなあなたにアドヴァイス。
必要なことはたったひとつだけ。

どんなときも笑顔でいること。

これが大切なんです。

うまい下手はとりあえずどうでもいい

希望でいっぱいの新入生が4月になって入ってきます。

新入生の勧誘って何してますか?
放課後にみんなで演奏したり、楽器体験をしてもらう学校が多いかな。

やり方はいろいろあると思いますが、今日は楽器体験にしぼって話します。

楽器体験。
実は先輩達も結構緊張するものです。

「うまくできるかな」
「しっかりしなきゃ」
「つまんないって思われたどうしよう」
「何話したらいいかな」
「何の曲用意しようかな」

いろいろ思いますよね。

でもね、あなたが笑顔でいて「来てくれた人たちに楽しんでほしい」って思っていたらそれだけでOKなんです。

どう?
これならできそうじゃないですか?

言い方悪いけど、よっぽど楽器に興味がある、とか強豪校で経験してきた子でなければ、先輩達のうまい下手とかなんてわからないものです。

 

「ホルンて言ったらやっぱモーツァルトの協奏曲だよねー」

「トランペットだったらアルチュニアン聞きたい」

 

とか言う人はまずいません。
楽器の成り立ちとか仕組みとか、しょっぱな話してしまいがちなそんなことも説明する必要なし。今の段階では新入生はそんなことちっとも興味ありません。

「ホルンは外国語て角笛って意味でね。。歴史がどうたらこうたらー」

仮入部来て授業みたいな話されたら、ぼくならその瞬間帰りたくなる。

そんなこと話している暇があったら、とにかく楽器を吹いてもらおう!

楽しそう→楽しい

楽器に興味を持ってもらうことももちろん大事だけど、新入生が気にしていることは「楽しそうかどうか」。

経験者で部活はいる気満々で見学に来て「つまんなそう」「厳しそう」「先輩怖そう」って言って部活入るのやめた、とかほんとにあるからね。

それくらい雰囲気重要。
楽しんでもらうためにはまず自分が楽しむ!

 

「後輩が少しでも楽器が好きになってくれたら嬉しいな」

「自分が楽器の楽しさを伝えられたら嬉しいな」

「後輩がたくさん入ってくれたら部活がにぎわうな」

 

楽しい事を考えれば楽しくなってくるよ♫

 

新入生に楽しんでもらうためにはとりあえずこれ。

なんでもないことでもほめまくれ!

隙あらばほめる!とにかくほめる!

ほめられれば誰だって嬉しいものです。

何を隠そう、ほめられてその気になって吹奏楽部に入った人がここにいますよ、そう、ぼくです。

 

マウスピースを吹いて音が出た!
→ほめる。「音でない人は全然でないからねー、向いてるんじゃない?」

楽器をはじめてかまえた!
→ほめる。「構え方がすごいいいね!楽器とかやってた?」

いくつか音がでた!
→ほめる。「すごい!本当にはじめて?」

 

ほめすぎだって?全然そんなことない。
少なくともほめられてる方は何の違和感もありません。だって全部ほんとのことだから!

 

いろいろ試してみてほしいんだけど、一番役立ちそうなのは「自分はそのときどうだったか」

自分が1年生の時、体験入部はどうだった?

先輩キラキラしてた?それとも何か嫌だったことある?

キラキラしてたことはマネすればいいし、嫌だったことは直せばいい。

自分が1年生の時どう感じたか、も大切にすると、より新入生の気持ちがわかるね。

まとめ

新入生に興味をもってもらうためには「楽しそう」って興味を持ってもらうこと。

それには「自分が楽しむこと」「相手にも楽しんでほしい」って思う事が大切。

ぜひぜひ、試してみてね!

 

 

それではまた。

Twitterでごんざを  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です