長時間同じ姿勢でいると腰が痛くなったり、肩が凝ったりしますよね。デスクワークをしていたり、音楽家の方は腰痛や肩こりに悩まされている話をよく聞きます。

「体凝ってきたなあ」って思ったとき、整体や整骨院、カイロプラティックや鍼に行く人も多いんじゃないでしょうか。

もちろんどこかに行って施術を受けることも大切ですが、家で少しでも体を緩めることができれば最高ですよね?

そんなあなたに今日は、ぼくがもう2年くらい使っているストレッチポールを紹介します。

 

ただの棒かと思いきや、これで驚くほど体が楽になるんです。仰向けに乗るだけでめっちゃ気持ちいいですし、すぐに深い呼吸ができるので、短い時間で身体が変わります。

ただの棒のくせに9,180円もしますが、高いだけあって効果は抜群だ!です。立てておけばスペースも取らないし便利です。

体操の内村航平選手が使っていたり、歌舞伎界の人間国宝、片岡仁左衛門さんや同じく歌舞伎俳優の片岡愛之助が出番前に使うことで有名です。ヨガスタジオや整体院などでも置いているところを見かけます。

ストレッチポールは身体にどんな影響を与えるのか

完全に実体験に基づいた感覚ですが、1日身体を酷使して家に帰ってきて、ストレッチポールの上に横たわると、それだけで全身がゆるむのを感じます。

深く息が吸えるようになる

ストレッチポールに乗ると肋骨が左右に広がるのか、楽に深く息が吸えるようになります。日常であまり感じれないような深さまで息が吸えるので、これは本当に驚きますし、スッキリもします。

普段から猫背気味の人にこそ効果が感じられるると思います。

肩甲骨周りがはっきりとゆるむ

デスクワークや演奏をしていると、長時間同じ姿勢でいるので身体が固まりがちです。

ストレッチポールに乗って付属のDVDで紹介されている簡単な運動をすることで、肩甲骨まわりの筋肉がかなりゆるむのを感じます。棒に横たわることで自分の腕の重みで胸がストレッチされ、そこから身体を動かすことで肩甲骨周りや胸のあたりがほぐされ、緊張から解かれるのを感じます。 

youtubeにたくさん動画がありました。
ボール足に挟んでますがなくて大丈夫です。

筋肉がゆるんで背中がべったり床につくようになる

これが一番わかりやすくてすぐに変化を感じるところです。ただ棒に乗ってちょっと揺れるぐらいなのに、腰回りの筋肉がゆるんだりするのかな、5分くらい乗ってから床に仰向けになるとべったり身体が床につくようになります。

寝る前にちょっと乗るとすぐ寝れますし、なんなら棒の上で寝ることもあります。単純に気持ちいいんですよね。

症状別にいろんな使い方ができる

腰が痛かったり、ふくらはぎに疲れを感じていたり、症状別にいろんな使い方ができます。

公式サイトに詳しく載っているのでぜひのぞいてみてください。
http://stretchpole.com/howtouse/

おわりに

いろんな類似品が販売されていますが、やっぱり正規のストレッチポールが一番です。2年くらい使っていても全然ヘタってこないです。サイズがEXとMXとありますが、MXの方が細くてやわらかいです。大抵の人はEXで問題ないです。色もイエロー、アイボリー、ライトグリーン、ピンク、ネイビーとたくさんあって選ぶのも楽しいですよね。ぼくは紺色を使っています。

棒のくせに仰向けに乗っかるだけで、息が深く吸えるようになって身体がゆるんでリセットされるストレッチポール、本当におすすめです。

 

 

 

それではまた!

手軽にストレッチできるこちらもおすすめ。
stretchpole

Twitterでごんざを  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です