どうもごんざです。

バジルさんにレッスンを受けてきたので言語化に挑戦します。

大前提として、バジルさんのブログの金管楽器の3つの基本アンブシュアタイプにも書いてありますし実際にバジルさんのレッスンも受けたところ、ぼくは「超高位置」タイプのアンブシュアです。

この記事もとっても参考になります。
演奏家のアンブシュアタイプ分析 〜ホルン編その1〜

今回の記事は「超高位置」タイプのアンブシュアでない人には合わないことかもしれないことを最初にお伝えしておきます。

◆◇◆

最近何度かレッスンを受けてみて。

音域によるマウスピースの動き具合や動く方向、ずれる幅はだいぶ整理がついてきていたんですが、まだしっくりこなかったのでレッスンでそこを見てもらいました。

相談すると「五線のCくらいから半音階でていねいに上の音域に向かって吹いていってみましょう」とアドバイスをもらいました。そこでまずはバジルさんがお手本で吹いてくれました。

 

そうしたらですね。ダブルハイBまでなんなく、ストレスなく吹いてるんです。

 

正直めっちゃ悔しかった。
うますぎて腹たちました。

でもそのお陰で希望にもなりました。「こんなにストレスなく吹けるもんなんだ」ってね。

先生に吹いてもらうって大事ですね。

 

その後吹き始めたところでもらったアドバイスが冒頭の「練りわさびみたいに吹いてみて」だったんです。

「ブチュって」ってバジルさん言ってたので多分チューブの練りわさびです。

練りわさびみたいなイメージで吹く

img_3846

うん、わかんないですよね。

でもぼくには「ていねいに」と「練りわさびみたいに」がしっくりきたんです。

五線の真ん中のCを吹いたときのアパチュア(息の出るところ)の感覚のまま上の音域に上がっていく感じです。

イメージとしては、チューブわさびの出口の「⚪️」の状態がアパチュアを表していて、この丸の大きさを上の音域に上がるにつれて少しずつ小さくしていくイメージです。

img_3847

今までは高音域というとどうしても「息のスピード早く!」とか「アパチュアめっちゃ小さく!」って思ってしまいがちで、なおかつ最近は、上の音域にいくにつれてマウスピースを上の方にずらしていっていたんですが、どの動きもやりすぎていました。

ていねいに吹くことで、どれくらいの息のスピードが必要なのか、アパチュアはそんなに変えなくても大丈夫だとか、どのくらいの加減で上の音域にいけるのか、の最小レベルが分かってきた感じです。ゆっくり吹くことで音色が乱れるとすぐにわかるんです。

 

またどの調節具合も「ほんの少し」の動きでいいこともわかりました。これを知れたおかげでバテることも減りそうです。

ああ、これをていねいに繰り返してくことで、音域も広がるだろうしいい感じに上の音域も吹ける!と手応えを感じました。

一緒にいたトランペットのオノレイさん(@rapparapa18)にもほめていただきました。

おわりに

練りわさび感、伝わりましたか?

「半音階でていねいに、練りわさびの感じで」

金管楽器でアンブシュアが「超高位置」タイプの人はこの練習、試してみる価値ありますよ!

 

 

 

それではまたー!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。