どうもごんざです。
大学生がレッスンを受けに来てくれました。

肩や喉が力んでしまってハイトーンでバテてしまうことが多いとお悩み。

オケでやる曲でホルンの有名なソロがあり、そのフレーズの中でハイトーンがでてきていました。レッスンではよく、実際に悩んでいることが起きる局面を材料にレッスンをします。

今回のレッスンはほんのちょっとのことで、本人も驚くほど楽にオケのフレーズが吹けるようになったのです。

ハイトーンはいろんな要素のバランス

高い音のコツって息のスピードだとか、口の中の容積だとかいろんな要素があるんですが、音を聞いたり何を考えて吹いているか、を聞くと見えてくることがあります。

今回は試してみてもらったのは「ハイトーンにいくにつれて口を少しつむってみる」でした。

口のつむる?と思ったあなた。まずは楽器を外して試してみましょう。やり方は簡単です。吹く前に唇を閉じた状態のところの、上唇と下唇の間に指を一本横に当てます。

どうです?この立派な二重アゴ。
はい、痩せます。

指を一本横に当てたらそれを挟むだけ。この動きを楽器を吹いている最中、ハイトーンに移行するときに試してみてもらいました。

そうしたら吹いている時点で、すごく吹きやすくなったようで、吹きながら自分でめっちゃ驚いていました。自分で吹きやすさがわかるってことは聴いている人はもっとわかります。なんの苦もなくそのフレーズが吹けていました。

ご「今力みを感じました?どんな感じでしたか?」と聞くと「全然感じませんでした」とのこと。

この方の場合、今までハイトーンを吹くときにアパチュアの大きさを変えず、息のスピードとプレスだけで吹いていたので、高音にいくほど力みやすくバテやすかったと思われます。そこで唇をつむることで、息の出口が小さくなった結果、息のスピードが早くなり、ハイトーンが吹きやすくなりました。

今まで力んでいたのは、音域によってアパチュアのサイズに変化がなかったからなんです。

 

今回の場合は、力んでいるところの力を抜く、では解決にはいたりません。むしろその力みは足りないところを補ってがんばってくれていたんです。

なのでアパチュアという別のところを使うように意識してみたところ、この方にとってのハイトーンを出すためのバランスが整って楽にハイトーンが出たんです。

一度できるようになれば、選んで使えるようになる

その後は他のフレーズも難なく吹けるようになっていました。

「こんなに楽に吹けるんですか?」

そう喜んでくれて、ぼくも嬉しかったです。

何が起きているか、何が足りないかは人によって状況によって違うため、「これをやっとけばOK」という明確なものはありません。

味見してみないと何が足りないかわからない、料理と似たような感じです。

 

だけど、もし(このアイディア使えるかも)と思う方がいたらぜひ試してみてください。

 

 

それではまた!

※記事中になる「指を唇で挟んでみる」は、ぼくの先生でもあるバジル・クリッツァーさんのブログの「顎を張れなくて悩んでいるひとへ」内の綿棒ハミハミ・エクササイズからヒントをいただきました。ありがとうございます。

「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。