どうもごんざです。
フルート奏者からレッスン依頼をいただいたので、その方のご自宅でレッスンしました。

普段からフルートの方にレッスンを受けているということでしたが、いつもとはまた違った視点でのレッスンになったのではないかと思います。ご自分でもその都度変化を感じてくださっていたので、レッスンがとてもスムーズでした。

試してみて相談しながら採用する

レッスンでありがちなのが「今はそのやり方で音でないかもしれないけど、慣れてくればそっちの方がいいから」と先生に言われること。

でもそれって本当にそうなんでしょうか?

少なくともぼくは、その場で提案をしてみて、いい方向に進む吹き方で合ったり、考え方であったり、身体の使い方を、レッスンを受けてくださっている方と話しながら採用するかどうか決めています。

無理に正しいと思われるやり方に変えたとしても、その場で変化や変化の兆しがなければ、それがその人にとってハマるやり方かどうかわからないからです。

問題の原因を観察する

金管楽器で言えば、高い音を力任せに吹いているからリラックスして吹こう、という提案はなんのアドバイスにもなりません。どこかがうまく協力していないから力任せになってしまっているので、リラックスしたら吹けなくなります。(関連記事:ハイトーンを出すとき、力んでいる=ダメでなく、力んでいる=どこかの代わりにがんばっている、なのかもしれない

身体の使い方や楽器の吹き方を見ていて木管楽器でも同じことが言えると感じました。

響きを増やしたくて言う「口の中を広く」

どの楽器でも共通して「口の中を広くして」と言うアドバイスを受けている方が多くいます。ぼく自身、長いこと無意識で口の中を広くしながら長い間吹いており、それによりたくさんの問題が発生していました。(関連記事: ホルン演奏の際、口の中の形を必要以上に縦長にしすぎてたのをフルートレッスンで知った)

響きを増やしたくてした提案が「口の中を広くしてみよう」なんですが、本当に口の中を広くすると響きが増すのか、確かめてみてほしいなあと思います。近くで聴くと響が増えたようにも聞こえるのですが、遠くで聞こえると案外そうでもないケースが非常に多いのです。

 

アドバイスを見極める

提案の後、「それでどう変化するか」を実験して検証する段階があるとスムーズです。

そこで提案した先生側と、提案を受けた側の対話が必要だとぼくは考えているからです。

「どうだった?使えそう?」

「いいかも!」

コミュニケーションを取りながらレッスンを進めます。これって必要なことなんですよね。

レッスンの影響が子育てにも?!

レッスン後のアンケートでこんなコメントをいただきました。

今日はフルートのレッスンでしたが、力みが抜けたおかげか、子供たちにも優しく接することができ、晩ごはんの支度も苦がなくすんなりできました。

ー中略ー

子供たちの先々をあれこれ考える必要あるのか?って自分で疑ってみた時に いらんお節介 が、いーっぱいあるとプリプリしちゃうなと。
音楽だけでなく、子育てに疲れた時にも優しくアプローチしてくれる、良いレッスンでした。

「レッスンを受けてくださった方の声」より

どんなレッスン内容だったかというと、あまり休みのない大変な曲に取り組んでいて「先の難しいところばかりが気になって焦ってしまうんです」と悩みを話してくださったので、「今の連続で音楽は先に進んでいくので、まずは目の前の楽譜を吹いて気づいたら難しい所にたどり着いていた!みたいな感じで吹いてみましょう」と提案したところ、素晴らしい演奏を披露してくれたんです。

そこからの子育てのお話だったのでした。

おわりに

先生と生徒の言葉のキャッチボールがポイントのレッスンでした。今やっていることが果たして本当に必要なのか?それをやめてみたらどうなるのか、それをなぜやっているのか。

ひとつひとつ二人で見直していくことで、たくさんの変化があったレッスンでした。

 

 

それではまた!

      \Twitterでフォロー!/
      

1 個のコメント

  • こんにちは
    すっかり時間が開いてしまいましたが、先日はレッスンありがとうございました!
    レッスン中はあまりに楽に吹けるので、面白いやらびっくりするやらの連続で沢山吹いてしまいましたが、やってる曲はやはり難曲…翌日の夕方からぐったりでした(笑)しかし、先週のレッスンにてマルをもらい、次の曲へ進みました!
    先生からも、音色が軽やかになって全然違う!とお褒めの言葉をいただきました。そして、何よりびっくりしたのが、進んだ次の曲…
    学生コンクールで課題曲になるような曲なんですが、ずっとずっと難しい…と思っていたんです。

    全然難しくない(°▽°)

    あれ⁇ってなりました。
    まわらないと思っていた指も、原因は重たい結婚指輪と左肩甲骨の負傷だと気付き(あんなに辛かったのに気付いてもいなかったっていうw)、パパに言って外しました。どんだけ自分を痛めつけていたのかと、本当にびっくりしました。

    しばらくはご自愛優先して、次回はベストコンディションにてレッスンお願いしたいです。
    遠路はるばるありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ごんざ ゆういち

    国立音楽大学卒業。ホルン奏者。管楽器コーチ。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽しよう」をコンセプトに多方面で活動中。