人の体の大きさって様々なのに、楽器の大きさはみんな一緒。
手が小さい人は楽器を持つの、苦労しますよね。
特にホルン吹きにとって右手は大問題。

そんな手の小さいあなたに朗報です!

おゆまるくんを楽器を構えるときに右手で使うことで、楽器が劇的に持ちやすくなります。
しかも演奏効果もあるんです!

おゆまるくんを掴むと右手はこんな感じになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は実際の作り方から演奏効果まで紹介していきます。

おゆまるくん装着時の右手の効果

自分で作って使っていた感想と、実際に使っている女性1名と男性1名に聞いた感想です。

いいところ

右手でベルを支えやすくなる。
親指と人差し指の間におゆまるくんを入れて使うと、手の平が大きくなるので、楽器がかなり持ちやすくなります。
安定して楽器を支えることができるようになります。

音色が変わる
手が開けやすくなり、音が明るく響くようになります。

・オクターブの移動がやりやすくなる等の演奏にも影響が出る。
個人差がありますがそう感じて使っている人もいます。

・ゲシュトップがしやすくなります。
手の面積が増えるので、穴をスムーズにふさげるようになります。

ここがちょっと…

・楽器を吹く上で余分な動作が増える。
仕方のないことだけど、おゆまるくんを落としはしないかとそわそわします笑

・慣れるまでちょっとわたわたする。
でもすぐ慣れるそうで「自分の一部になる」とのこと笑。なんかあったら譜面台に置いちゃおう。

 

使ってみて決めてもいいですね。
簡単に作れるので気になった人はぜひ!

音大生やプロでも使っている人は結構いますよ。

それでは次に作り方を説明します。

用意するもの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  1. おゆまるくん
  2. お湯
  3. タオル
  4. はし
  5. あなたの右手
  6. タイマー(なくてもよし)

 

おゆまるくんはお湯で温めれば好きな形が何回でも作れる、プラスチック粘土です。

なんとなくの記憶だと百均に売ってた気がしたので、とりあえず4店舗回ってみたんですが、どこも品切れ。

 

なぬ!と思ってググると、現在DIY好きに大人気で品切れ続出!とのこと
アクセサリー作りに超使えるらしい。

DIY好きが買い占めてる…100均の「おゆまる」がスゲー!

 

タイミング悪!っと思いつつ、仕方ないからネットで購入。

好きな色を選びます。
おすすめは1本〜。今回は1本と半分で作ります。
半分にするにはハサミで切ればOK。

※おゆまるくんの量が少なくて小さいものを作ってしまうと、実際に楽器を構えたときに、手に力を入れていないと手から落ちちゃいます。

余裕を持って大きめのを作ろう。
大きすぎたら切ったりちぎれば大丈夫です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は青と緑をチョイス。

80度のお湯にぶちこみます。
熱湯なら何度でもOK。
ぬるいとやわらかくなりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3分くらいとのことなので一応計ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ーーー3分後ーーー

 

写真で見てわかるくらいグンニャリします。熱いのではしで持ち上げます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タオルで拭いて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手で形を作っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やわらかくなると、形は自由自在です。
混ざった色きれい。

右手の人差し指と親指の間におさまるように作っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じで右手の形を作理、にぎってみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じ。

横から見ると

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少しはみ出るくらいが持ちやすい形になるのでおすすめです。上のとこが出すぎるとベルに接するので、それだけ気をつけてください。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おわりに

いかがでしたか?

実際に使っている人に話を聞いたところ、紙粘土で作っている人もいました。軽くていいかもしれません。

手の小さい方に本当にオススメ。
かなり安定して持ちやすくなります。

ぜひ試してみてください!

 

それではまた!

 

関連記事

ホルンの右手

Twitterでごんざを  

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です