「がんばって」便利な言葉だけどもうがんばってる人には別の言葉をかけよう

何かあった時につい言っちゃう言葉ランキング上位の「がんばってね」

手軽に使えて便利だけど、実は危険なところもある言葉。

「がんばる」を他の言葉に置き換えると、お互いいいことあるよ、な話。

とりあえず「がんばって」って言っちゃう。

つい「がんばってね」って言っちゃう。

これから試験「がんばってね

これから仕事「がんばってね

相手が凹んでたら「がんばってね

もうね、何にでも使えるわけですよ。
マヨラーが何にでもマヨネーズかけるのと同じくらい使いやすい言葉。

でも、この言葉何が危険って

もうがんばってる人にとっての「がんばって」は苦痛でしかない

声をかける方はよかれと思って「がんばって」って言う。

でも、

「私、まだまだ頑張り足りないんだ」

「もう限界くらいがんばってるのに」

「これ以上どう頑張れって言うの!」

「これ以上はもう無理だよ。。」

と相手が思わないとも限らないんです。
そんなつもりはなくてもね。

声をかける方もちょっとだけでもいい、言葉を付け足すとか違う言葉にするとか工夫してみてほしい。「がんばる」もちょっとした工夫で言った方も言われた方も元気になれると思うんだ。

「がんばってね」の言い回しを考えてみる

同じ「がんばる」でも、言い方の違いで与える印象も変わってきます。

「がんばってね」
ちょっと突き放した印象を与えちゃうかもしれない。

「がんばろう
一緒にがんばるって感じで印象変わる。

「一緒にがんばろう」
これもいいね。

「もうちょっとだけがんばろう」
もうちょっとだけならがんばれそう。

「力を合わせてがんばろう」
一緒にって感じで勇気でる。

「がんばろう」を他の言葉に言い換えてみる

無理しないでね。
あなたの頑張りは伝わってきてるよ。でも無理しないでねというあたたかいメッセージ

うまくいくといいね!
うまくいくはず!という明るいメッセージ。

できることやるしかないね。
上から目線になりがちだし、当たり前のことなんだけど、落ち込んでる時に使うと効果のある「できることやるしかないぜよ」メッセージ。

精一杯やろう!
力の限りやろうぜ!というパワフルなメッセージ。

しっかりね!
気をつけて、という意味も込めて。もう一度気を引き締める意味でも使えるメッセージ。

じっくりいこう。
自分のペースでいいから歩いていこう、という応援メッセージ。

踏ん張ろう!
充分がんばっているからこのままがんばろうぜ、という励ましメッセージ

状況によっていろんな声のかけ方がありますよね。

おわりに

便利な「がんばろう」って言葉も、一手間加えることで一層あなたの応援する気持ちを相手に伝えられるようになるよ。

いつも同じ言葉ばかり言ってしまいがちな人はぜひ試してみてくださいね。

 

 

それではまた!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。管楽器コーチ。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽しよう」をコンセプトに多方面で活動中。