どうもごんざです。
レッスンに行っている学校での出来事。

ぼくが担当しているホルンも白玉の音符は多いです。でも暇だなんて思いませんよ。めーっちゃ楽しいです。

たかがのばしの音でも、そこから世界がはじまったり、静けさが生まれたり、土台をつくったり。本当にいろんな役割があることを知っているから。

のばしの音の楽しさに気づくと、楽譜全部が楽しくなるよ。旋律に合わせてダイナミクスの変化をつけることも必要なことだし、時にはクレッシェンドやディミヌエンドで全体をリードすることだってある。本当に意味があるし、価値のあるパート。

普段なんとなく演奏しているコラールだって、突き詰めれば素晴らしいものになります。

ここにぼくが大好きな歴史的名演奏を言われている演奏を載せます。

 

カンタベリー・コラール /ヴァン=デル=ロースト

全曲通してコラールのど直球な曲。
1994年(平成6年) 全日本吹奏楽コンクールで金賞を受賞した関東第一高等学校(東京都代表、指揮:塩谷晋平)の演奏です。涙が出るほど美しい演奏です。

白玉の音符、ついつい暇を持て余しがちですが、見方を変えればこれほど大切な声部もありません。そこの楽しさを一人でも多くの人に知ってほしい。

長いのばしの音符の楽しさ、一度知れば病みつきになりますよ。
楽しんで演奏しましょー!

 

 

それではまた!

「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。