どうもごんざです。
久々にアレクサンダーテクニークの授業を受けてきました。

そこでは自分の悩みや取り組んでいること、相談など自由にできる場なので、ぼくはこんなことを質問してみました。

 

「やる気がでなくて楽器を吹くモチベーションが下がっているんです」

 

普段レッスンしている側としてありえないことを言っているように見えますか?でもぼくも人間なのでそういうこともあるんです。

そこですっごく腑に落ちることを2つ、その日の先生、山口裕介()さんに言われました。そのうちの1つがタイトルにある「やる気があるのは異常なんだよ」でした。

いきなりのパワーワードに思わず聞き返しましたが、わけを聞いてすごくスッとしたのでシェアします。

それまで思っていた楽器を吹くためのモチベーション

楽器を吹くためのモチベーションてこういうものだと思ってました。

やる気MAXとやる気ない状態、自分の中にどちらか二つしか選択肢がなかったので、(やる気出ないってのは悪いことだ。でもそんなこと言ったってなあ…。)と堂々巡りをして、やる気がないことで自分を責めていました。

それでずっとズーンとしてたんですよね。
でも「やる気があるのは異常な状態」と聞き、考え方が変わりました。

実際はこっちのグラフじゃない?

やる気があるのは異常な状態、やる気がなくても「吹きたくない」とかじゃなければそれは普通の状態だったんです。

こういうことです。
このグラフだと「普通」という選択肢も増えましたし、やる気があるの異常(=普通ではない状況)というのもうなずけます。

あー、楽器もそうかも、って妙なところで繋がりもしました。調子がいいときが続くことそのあとガクーンと調子が下がることってあるよなあ、と常々思っていたのですが、それは別に調子が悪くなったんじゃなくて、調子が戻っただけだったのかもしれない、と。

おわりに

「やる気があるのは異常」と聞いて、(やる気がでない、ダメだなあほんとに)になんて思っていたのが、霧が晴れるようにスッキリしました。

なんだ、やる気のない状態って普通のことなんじゃん、て。

これとは別にもう一つ強烈なパワーワードも言われて、それもあって自分の中で楽器を吹くモチベーションについての考え方がすごく変わりました。

やる気があるのは異常な状態。
やる気がなくても普通の状態。

どうですか?思い当たることありませんか?ぼくにはグサーと刺さったのでした。

 

 

それではまた。






「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。