マウスピースと唇と歯の関係を考えて楽器を吹いたら、結果的に音色も構えもよくなった話

風

どうも、ごんざです。

今回のきじのポイントは「右ヒジ」にありました。

右ヒジ全くノーマークだっただけに驚きの連続。フィット感、音色、構え。すべてにかなりの影響があったんです。

マウスピースと唇と歯の密着度

楽器を吹くときマウスピースと唇はもちろんくっついてるわけですが、マウスピースと唇と歯の関係って考えたことありますか?

ぼくはマウスピースと唇と歯が浮かずにピッタリくっついていた方が吹きやすいことが多い、と習いました。当時はよくわからなかったんですが、今になって「ああこういうことか」とわかったんです。

 

ぼくは歯並びの関係もあって、口の真ん中より左側にマウスピースを当てて吹いているのですが、「なんかフィットしないなあ」なんて思いながらいい場所を探して吹いていたら、フィットする場所があったんです。

そうやってマウスピースと唇と歯の関係を考えて吹いているときに、角度を右手で調節していたことに気が付きました。右ひじで焼成していたんです。

 

で、ちょうどいいフィット感のところでホルンを吹くと、右手がいつもより体の近くに来ていて、結果的にいつもより右手が開いていたんです。それで音色もいつもより明るい音色になっていました。

右手を開けようとかふさごうとかそういう調整って手でするものとばかり思ってたんですが、ヒジでも調節できることに気付きました。 

楽器演奏って体全部つながってるってひしひしと感じました。フィット感を追求したら右ヒジのお陰でフィットして、フィットしたことで右手が開いて、音色が変わって楽器の持ちやすさがガラッと変わって。

自分の演奏を観察することでまたひとつ発見がありました。

 

 

 

それではまた。

風
      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。管楽器コーチ。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽しよう」をコンセプトに多方面で活動中。