ホルンを吹いている中高生から「おすすめの教則本があれば教えてください!」と言われる機会があるので、ぼくが出会ってきた教本の中でこれはいいな!と思うものを紹介します。

ホルンの教本ていうと、コプラッシュやマキシムアルフォンスがよく話題になりますが、最初に手に取るには難しいんですよね。

かと言って吹奏楽部の合奏で使うような3Dバンド・ブックや、JCBバンドスタディではホルンの練習としては足りない。

今回はどちらかというとリップスラーに重点を置いた教本を紹介します。

リップスラーに慣れ親しもう「アンブシュアビルダー(EMBOUCHURE BUILDER)」

全部で16ページの薄い教本で、楽譜のほとんどが五線の中で解決するので中高生にも取り組みやすい、Fシングルホルンとフルダブルホルンのための一冊です。1400円で売ってます。(2017年9月現在)教本の中ではかなり安いです。

指番号も書いてあるし、親切です。先に進むにつれて少しずつ難易度が上がってきます。

ホルンは他の金管楽器に比べて特にリップスラーの練習の重要性を感じるので、買っておいて損はない一冊。

簡単な曲に取り組もう「Practical Studies for French Horn」

中高生時代を思い返すと、ロングトーン、リップスラー、タンギング、と個人練習は基礎ばっかり。正直毎日そうだと飽きますよね。

そんなときに簡単な曲から気軽に取り組める一冊がこちら。(以前、仙台フィルの溝根くんに「なんか手軽にできる教本ない?」と聞いて教えてもらってその場で買ってみたらよかったのでした)あ、2冊目まであります。

シンプルだからこそ奥深い

曲名もなく、最初は本当にシンプル。
でもこういう曲からはじめて、
 
どんな曲想で、
どんな色で、
どんな場面で、
何を想って演奏するか。
 
そういうことを考える機会にすればとってもいい教本になるなあ、と吹いていて感じました。
音量が表記されてきたり、リズムが複雑になってきたり。
 
 
調号や表情記号もやがて増えてきます。調合によって雰囲気は大きく変わりますし、より曲らしくなってきます。
 
1冊目の巻末にはおまけなのか、音階練習がついていてちょっとしたお得感。2冊目になるとより複雑になってきます。
 
いきなりコプラッシュやアルフォンスなどの教本を吹いたり、モーツアルトやシュトラウスの大曲に挑むより、こういったところから曲に慣れていくことは必要なことです。

ホルンの基礎すべてを網羅!「HORN FUNDAMENTALS」

世界的なホルン奏者のブルーノシュナイダー氏の一冊です。シュナイダー氏自らが「いつもこんな基礎練習の本が欲しかった」と言っているだけあって、様々なエクササイズが詰め込まれています。

目次を見ていただくとわかるのですが、今までおよそ言葉にされてこなかったであろうことが、的を射た美しい言葉で綴ってあります。

ぼくがこの本を手にとってのは中学生のときでした。当時は難しい部分も多かったですが、言葉で今まで誰も教えてくれなかったことが明快に書いてあり、驚いたことを覚えています。
 
 
 
たまに読み返すことで大切なことを思い出させてくれる、ぼくにとって大切な一冊です。レッスンする側の人であれば、楽器関係なく読むべきです。

番外編、気軽に伴奏付きで簡単なソロ曲を楽しもう「スタジオジブリ作品集」

「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」までなので少し昔のジブリ作品集になりますが、これがまたいいんですよね。

ピアノの伴奏譜とホルンソロ譜が別になっているので実用的です。しかもCD付きなので自宅で楽しめます。 

おわりに

ホルンをはじめて最初に手に取りたい教本6冊を紹介しました。どれも自分自身使ってきてみておすすめの本ばかりです。

素晴らしい教本は他にもたくさんあるはずですので、もしおすすめがあればぜひ教えてくださいね!

以前、もっと詳しく教本についての記事も書きましたので興味のある方はどうぞ。→ホルンのおすすめ教本17冊+αを一挙紹介!

少しでも参考になれば幸いです。
楽しくホルン吹きましょうねー!

 

 

それではまた!






教本

「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。