今回はなぜ定期的にレッスンに通った方がいいのか、について考えてみました。

定期的に通うことで3つの角度から上達への道を歩んでいくことができるから、とぼくは考えます。

3つの角度の内訳は、

  1. 奏法の基本的なメカニズムを知り、今自分が何を用いて演奏しているかを知り、何が足りないかを知ること
  2. 普段の身体の使い方を新しい習慣に替えていくこと
  3. 思考のクセを健康的な考え方に替えていくこと

です。

奏法の基本的なメカニズムを知ることで、自分が使っている引き出しを知り、足りない引き出しを使えることを知ること

奏法の基本的なメカニズム、となんだかえらそうに言いましたが、簡単に言うとクレッシェンドするとき、何が必要なのかとかどういう仕組みで高音が出るのかとかそういうことです。

例えば、しろたまの音符をクレッシェンドするとき、息のスピードははやくなりますが、息のスピードを速くするためには何が必要でしょうか。

息を吐く量であったり、口の中の広さであったり、息の出口の大きさであったり、マウスピースと唇との密着具合であったり、様々なことが同時に適量必要になります。どれか一つだけを増やしても上手くいかないことがほとんどです。

 

いろんなことが繊細なバランスで複雑に組み合わさって奏法が成り立っていると知った後は、数ある選択肢の中から今自分は何を選んで演奏しているかを奏者自身が知ることが必要だと思います。

何を選んで演奏しているか、は演奏者の今までの環境や知識、経験などによって人それぞれ変わってきます。レッスンを進めていく中で、自分自身気づかずに選んでいたもの、使っていたものがあることも奏者も先生もわかってくることがあるでしょう。

演奏者が数ある選択肢の中から何を使って演奏しているかがわかれば、何が足りないかも見えてきます。

こうした行程が最初に記載した「1」の部分です。

普段の身体の使い方を、新しい習慣に替えていくこと

システムを知り、自分が何をやっていたか知り、何が必要なのか知ったあとは、それを自分のものにしていく練習が必要です。

一度システムを知ると「やった!まだまだ上手くなれそう!おーし、もう大丈夫。これからは自分でなんとかしよう!」となるのですが、これがなかなか難しい。だけどレッスンを受ける前に比べて大きな変化があることが多いので、ここでレッスンに来なくなってしまう人が多いんですよね。いろんな事情があるにせよ、もったいないことです。

1度のレッスンで大きな変化は起きたにしろ、何しろ今までのやり方で演奏してきた時間の方がよっぽど長いので、レッスン後も隙あらば新しいやり方でなく今までのやり方に戻っていってしまうものなのですが、これがなかなか最初は自分では気づきにくいのです。

 

例えば、
右側にドアノブのついているドアを長年あなたは左手で開けていたとします。「右手でドアノブひねった方が楽じゃない?」と人に言われ、その時は試してみて右手で開けて(確かに楽だな、これからは右手で開けよう)と思っていても、何にも考えてないとつい今まで通り左手でドアを開けてしまうものです。

しかも今まで左手でドア開けてたから右手で開けなかったことに気づかないことすらあるんですよね。

そこを定期的にレッスンに通うことで、その都度軌道修正+バージョンアップしていくわけです。新しい道からそれて元の道に戻ってしまっても、定期的にレッスンに通っていれば先生が気づいてくれて戻りやすいものです。

定期的にレッスンで先生と一緒に歩いていくことで、少しずつだんだん自分で気づくようになって軌道修正もできるようになっていくのです。

逆に言えば、定期的にレッスンに通っていて一度なおったことをもう一度指摘されたとしても凹むことはないです。ぼくもそうなので凹む気持ちがあるのもよくわかりますが、指摘してもらってよかったなあ、くらいに受け止めたいですよね。

思考のクセを替えていく

思考のクセってどんなのかというと例えば、練習曲をレッスンで先生にみてもらうときに、ついつい「音はずさないようにしなきゃ」「完璧に演奏しなきゃ」と思ってしまう。これは思考のクセです。

音を間違えるとすぐ怒られる環境などに身を置く期間が長かった場合、こういった考え方になりがちですが、そもそも「音をはずそう!」とか「なんとなくの演奏でいいや」と思って演奏する人はいないわけですから、本来演奏には必要のないことです。

演奏中にハイトーンが出てきたときに、無意識に以前いつも使っていた(※例 高い音を出すときは息のスピードだ!)と思ってしまって昔の吹き方に戻るときも、よくあることです。ぼくも今でもよくあります。

 

楽器の特性を理解したり、奏法のシステムを理解し演奏することとはまた違った部分の話かもしれませんが、どう考えて演奏に取り組むか、は演奏に大きな影響があります。例えば過剰に音程を合わせること、枠にはめることを強いられる環境に身を置いていた方だと、チューニングというだけで(音程あわなかったらどうしよう)(1回で合わせなきゃ)と身体を硬くして演奏してしまうこともあります。

どれだけ楽器のシステムを学び、自分で足りない部分を補いながら演奏できるようになっても、これらの否定的な感情は強力で、あっという間に大切にしてきたことを無にするくらいのすごい威力があります。

 

ここもやはり一度のレッスンでガラッと変えることはできないです。レッスンという場が、自分をさらけ出せる場であること、危険な場所ではないこと、楽器を吹くこと音楽をするってどんなことかを心から感じてもらってこそ、その人の能力が音楽で存分に発揮できるようになるのではないかと思います。

思考のクセが1番根深く、自分でも気づかないうちに今までの思考になっていることが多いので、ここも定期的なレッスンで変えていければいいんじゃないかと感じています。

 

噛み砕くとレッスンてかなりたくさんのことを同時進行でやっているんですよね。人それぞれ環境は様々ですからいろんなケースがあるかとは思いますが、できることなら定期的にレッスンに通ってほしいと、最近は強く思うようになりました。

 

 

 

それではまた。

シェアしてくれると喜びます!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。