どうもごんざです。

いろんな人とレッスンするようになって、よく思うことがあります。

 

マウスピースは口の真ん中でなきゃいけない

楽器の角度は他の人と同じの方がいい

楽器の高さは人とそろえなきゃいけない

 

中高の部活で何でもかんでもそろえる風習ありますよね。
ぼくも経験があります。

でもよく考えてみてほしい。

それは真実?

音がよくなるの?

吹きやすくなるの?

演奏上のメリットは何?

 

他の人と違うと変

見た目がそろってると見栄えがいい

 

それが理由なんだとしたら。

その先はツラい未来しかない。

 

大切なのは「その人に合っているかどうか」だよ。

自分に合わない吹き方をしていて苦しんでいる人が多い

自分に合っている場所を知らずに吹いている場合はいいと思うんです。

提案ができるから。

「ここで吹いてみたらどうですか?」って。

 

レッスンしててツラくなるのは「アンブシュアが悪いと言われて真ん中に直された」とか「マウスピースは唇の真ん中で吹いたほうがいいって言われたから」とか「楽器の高さ揃えろって言われたから」と言って、吹きにくいのに無理なアンブシュアや楽器の角度で吹いているとき。

 

そんなことある?

って思うかもしれない。
結構多いんです。それで苦しんでいる人。

プロはみんな真ん中で吹いてるの?角度もみんな一緒なの?

あれこれ言うより見てみましょう。
いずれも世界的プレーヤーの皆様。

ブルーノ・シュナイダー氏。
マウスピースかなり右下に当ててますよね。

 

 

ヘルマン・バウマン氏。
結構右に当ててます。

 

 

ラデク・バボラーク氏。
マウスピース真ん中じゃないですよね?
角度も口に対してマウスパイプまっすぐ。

人それぞれ骨格も肉付きも歯並びも違うんだからアンブシュアや角度は違って当たり前

みんな違って当たり前と知っていてほしい。

「こうあるべき」に当てはめようとするからおかしくなる。

でも気をつけたいのは結果として真ん中になる分には構わない、ということ。

 

自分の吹きやすい角度、場所を知るにはアンブシュアにはタイプがあって、タイプによって角度とかマウスピースの上唇と下唇の割合も変わるってことも知っていると非常に役立ちます。

詳しくはバジル・クリッツァーさんのこちらの記事をどうぞ。
ぼくもこれを知ってめちゃ救われました。
金管楽器の3つの基本アンブシュアタイプ

健康的に楽器を吹く上で、ばかにできない本当に大切なことです。

 

ぼくが自分に合わない角度と当てる場所で長年吹き続けてきたことに関して書いた記事も紹介します。

マウスピースの角度を自分の骨格に合わない状態で吹いているとどうなるか

楽器吹くときのマウスピースの角度どうするか問題についに終止符が打たれた話

ホルンのアンブシュアタイプを分析!自分で試すことも大切だけど、教わることはもっと大切だった

 

ちょっと当てる場所を変えるだけ、ちょっと角度を変えるだけ。
これだけで驚くほど吹きやすさや音色が変わることがあるんです。
だったら使わない手はないですよね?

少しでもあなたの引き出しが増えて、健康的に楽器が吹けますように。

 

 

 

それではまた!

シェアしてくれると喜びます!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です