誰も教えてくれないけど、うまい人はみんなやってる楽器練習における思考法


楽器がうまくなるには何が必要でしょうか。

上手な人の演奏を聴くこと。
上手な人と一緒に吹くこと。
たくさん練習すること。

いろいろ思いつきますよね。
でもぼくが何より必要だと思うのは、どう考えて演奏するかです。

こんなこと、当たり前すぎて誰も教えてくれません。

でも、どんどん上達する人は必ず考えています。「吹いたらできたヤッホーイ!」な人は宝くじの一等が当たるくらいの割合でしか存在しないでしょう。

今日はどう考えればいいか、を紹介します。
多くの人にとっては「当たり前すぎる、アホか」かもしれません。でも少なくともぼくはずっと、そんな基本的なことですらわかっていませんでした。

そしてどう考えればいいかわからず行き詰まっている人がハマってしまう練習法についてぼくも存分にハマったので例を挙げます。

どんどん上達する人は、必ず「なぜできなかったか」考えるし、「どうしたらできるか」考えてる。それだけのことなんだけど、これが後に大きな差になります。

お祈りしながらの練習は今すぐやめよう

練習が行き詰まったり、うまくいかなかったりする人は、ただできない場所を繰り返しているだけの人が多いです。

できない場所をできないまま練習し続けるのは、できない練習方法を自分に染み込ませているだけなので、今すぐやめよう。

(次はできますように)
(このまま練習し続ければいつかできるようになるはず!)

そのお祈り、誰かに届きますか?
お祈りしている自分に気づいたら、とりあえず一旦楽器を置きましょう。

間違えたらすぐに吹き直すのもやめよう

うまくいかない箇所に出会うとすぐ吹き直す人、めっちゃ多いです。ぼくもやってしまいがちです。

でもそれも、うまくいかなかったのをすかさず繰り返してるだけ。うまくいかないための練習。

うまくいかなかったら吹き直す前に少しだけ時間をとろう。何も考えずに無心で繰り返すのは無駄な時間になってしまうよ。

考えるクセをつけよう

やり方はこう。

 

演奏してみてうまくいかなければ、一旦必ず考える時間を取ろう。そして自分に提案しよう。

(おい、今のはうまくいかなかったな、次はどうする?)って。

どうするか考え付いたらそれを試してみる。それを繰り返す。

提案がうまく思いつかないのであれば、自分の中の先生がまだ育っていないのかもしれない。提案の数は=これまでの経験、とも言えるからすぐには(💡!)とならないかもしれない。少しずつ積み重ねていこう。

おわりに

あまりになんてことない当たり前のことでがっかりしたかもしれません。

でもほんの一人にでも(そうだったのか)と届けばいいな、と思って書きました。

少なくともぼくが中高生時代に、これを教えてくれる人がいたらよかったな。全然わかってなかったからさ。

それではまた。






「いいね!」と感じたらシェアお願いします!

      \Twitterでフォロー!/
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんざ ゆういち

国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。 自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。 現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。