誰かと練習していて音を間違えた時、合奏で音を間違えたとき、つい「すみません」や「ごめんなさい」って言ってませんか?

もし言ってたら、それやめませんか。

そもそもあやまる意味はあるんでしょうか? 

あやまりたくなる気持ちも分かります。以前ぼくもたくさんあやまってました。

でもそれって必要?
間違えたらあやまるのが礼儀?
本当はそんなわけないんです。

あやまることなんてないんです。

音を間違えてなぜあやまるの?

  • 間違えたから怒られる
  • 合奏で「誰だ!」って言われる
  • 合奏が止まる
  • 間違えたらあやまれって言われている
  • 何かわかんないけどあやまりたくなる
  • あやまることで先手を打ってる
  • 間違えたらあやまることが礼儀だと思ってる

 

いろいろありますよね。理由は。

音をはずしてすみません。
音程が合わなくてごめんなさい。

それって一体誰にあやまってるの?
あやまることで「そこまで言われちゃあしょうがねえ!」って思う人いるのかな。
試しに周りの友達にも聞いてみてよ。
音間違えたらあやまってほしいって思ってる人、ひとりもいないから。

 

あやまると次はうまくいくようになる?
そんな効果もないよね。

 

 あやまって凹んで「あー、だめだなあ」って思う暇があったら、どうやったらよくなるか考えたほうがよっぽど建設的だし、健康的!  

それに先生はレッスンで音をはずすかはずさないかを聞いているわけじゃない。
着目するとしたら「なぜはずしてしまうのか」。原因を考えていくのが先生の仕事。

はずしたくて音をはずす人はいないし、はずしたことなんて自分が一番分かってる。本来は周りもわかっている。それに自分が一番に「ちぇ」って思ってる。

あやまりつづけて言われたこと

と、えらそうなことを言ってますが、ぼくにもあやまり続けてきた過去があります。そして「あやまるのはもうやめよう」と思う出来事もあったんです。

何かとあやまりグセがついていた時期。

あるとき尊敬している先輩に言われたんです。  

 

「すぐあやまるよね、あやまればいいと思ってるの?」

「周りはみんな分かってる。あやまったところで何にもならない。あやまることで自分の身を守ってるつもりかもしれないけど、意味ないよ。

その場ではぐっとこらえて、持って帰るんだ。そして悔しさを胸に練習するんだよ」

 
返す言葉もありませんでした。

それからはこの教えを守っています。
その強さがほしくて。

自分の演奏について意味もなくあやまる事をやめました。

あやまることをやめてから

しばらくはあやまりたくなります。

そこで「今まで気軽に言ってたなー」って気付くんです。

何かあったらとりあえずあやまってた。あやまればいいと思ってた部分もあった。

それをやめると感じる何かあったときにあやまれない苦しさ。
悔しさを持って帰る苦しさ。

あやまることをやめて得たもの

あやまることをやめてよかったと思うことが3つあります。

自分を大切にするようになる

言葉にするのが難しいんですが、自分の安売りをしなくなります。
無駄に自分を下にみなくなる。
あやまることで「自分はだめなやつ」って自分で思っちゃってたのかな。

責任感が芽生える

自分のだす音にいっそう責任を持つようになる。
しっかりせにゃならん、と。強くなります。 あやまるのは簡単。でもそこであやまらない意味、覚悟。 

切り替えが早くなる

あやまることをやめたことで選択肢が一つ減ります。振り返ったり後悔するのはあとでもできる。音楽は常に進んでいる。待ってくれない。

「今どうするか」を常に選択しながら進むしかない。

素早く気持ちを切り替えることができるようになります。

まとめ

どんなときでもあやまることをやめよう、と言っているわけではないんです。

脊髄反射で「ごめんなさい」「すみません」と言うのをやめよう、って話です。

「ここはあやまろう」と選んであやまる分には何も問題ない。

 

反射的にあやまってたな、って思った人は、三回あやまっているうちの一回でもグッとこらえてみて。

それが第一歩です。
それだけで気持ちが変わってきます。     

 

 

それではまた!

 

関連記事
部活で元気に返事をする「ハイッ!」。みんな同じ意味の「ハイッ!」じゃないって知ってた?

吹けなくてヘラヘラしてる心の中ではきっとヘラヘラしてない






シェアしてくれるとよろこびます!

      \Twitterでフォロー!/
      

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ごんざ ゆういち

    国立音楽大学卒業。ホルン奏者。講師。
    自身が長い間、心身ともに不健康な状態で音楽と関わってきた経験から「健康的に音楽と関わる」をコンセプトに多方面で活動中。
    現在アレクサンダー・テクニーク勉強中。